【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

米大生ら20人が市長訪問−延岡

本紙掲載日:2016-07-06
2面
首藤市長を訪ねた研修団

順正学園の教育交流協定校

 延岡市吉野町の九州保健福祉大学などを運営する順正学園(加計美也子理事長)と教育交流協定を結んでいるライト大学(米国オハイオ州)とフィンドリー大学(同)の研修団が5日に延岡入りし、首藤正治市長を訪問した。

 異国の文化に触れてもらおうと、協定校と相互に学生を派遣し合っている。研修団は引率の2人を含む20人。学生の最年長は75歳。フィンドリー大学は6月24日、ライト大学は同26日に来日し、岡山県の系列校を訪問後、延岡市役所を訪れた。

 フィンドリー大学で日本語とビジネスを学んでいるレイ・ステッドマンさん(23)は「素晴らしい研修を企画していただき感謝しています。多くを学び、楽しい時間を過ごしています」、ライト大学で国際学を学んだサマンサ・ホールさん(22)は「日本文化を身を持って体験したいと思い、研修に参加しました。温かく歓迎してくださってありがとうございます」とあいさつ。

 市長は延岡市が五輪選手を輩出していること、食べ物のおいしさ、旭化成を中心に工業都市として発展してきたことなどを紹介し「イギリスのEU離脱、テロなど社会不安が増す中、国民同士の友好が一番大事。延岡での滞在を楽しんでください」と話した。

 同日夜には、市と大学おうえん協議会(会長・清本英男延岡商工会議所会頭)主催の歓迎会が開かれた。

 研修は20日までの予定で、延岡には8日朝まで滞在。高千穂観光、九保大の学生との交流、同大総合医療専門学校(宮崎市)見学などを予定している。その後広島へ向かい、9日に原爆ドームを見学するという。

その他の記事/過去の記事
page-top