【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

町外出身の4人に委嘱状−美郷町

本紙掲載日:2016-07-05
2面
美郷町地域おこし協力隊の(左から)小松さん、葎迫さん、金さん、城戸さん

地域おこし協力隊−町内産業の担い手に

 美郷町の尾畑英幸町長は6月28日、同町の産業の担い手となる地域おこし協力隊として、町外出身の4人の若者に委嘱状を交付した。

 委嘱式は同町役場であり、このうち、観光の担い手として昨年着任した葎迫(むくらざこ)真季さん(34)=鹿児島県出身=と小松崇史さん(29)=日向市出身=は、これまで町公認マスコットキャラクター「みさとちゃん」の制作や町外への観光物産PRなどを担当。2年目の今年は主に、葎迫さんは工場跡地を活用したコミュニティースペースの整備に向け、小松さんは中小屋天文台の再オープンに向け取り組んでいく予定という。

 また、金春樹さん(35)=延岡市出身=と城戸千広さん(30)=同=は、伝統の宇納間備長炭の担い手として新たに着任。

 金さんは「バーベキューをしたとき、宇納間備長炭と市販の木炭との違いに驚いて、そこから興味を持った。不安よりも期待を感じている。こちらでの生活を楽しみたい」、城戸さんは「もともと職人という生き方に憧れていたこともあり、ハローワークの求人情報で募集を知って申し込んだ。将来は独立を考えている。本気で頑張りたい」と意気込みを語った。

 4人はそれぞれの分野で活動に励みながら同町への定住、定着を図る。

その他の記事/過去の記事
page-top