【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新たなツアー企画模索へ

本紙掲載日:2016-07-05
3面
高千穂町の天岩戸神社を視察した陸海空交通連携懇談会のメンバー(2日)

交通5社のトップ、西臼杵を視察

 宮崎市から西臼杵地域への新たなツアーを模索しようと、本県にある航空、フェリー、鉄道、バスの交通関連5社のトップが3日までの2日間、高千穂町と五ケ瀬町を訪れ、天岩戸神社や五ケ瀬ワイナリーなどを視察した。

 訪れたのは、JR九州宮崎総合鉄道事業部の宮野原佳部長、宮崎カーフェリーの黒木政典社長、宮崎空港ビルの長霾殼⊆卍后▲愁薀轡疋┘△簾盒桐亮卍后宮崎交通の菊池克鮗卍垢任弔る「陸海空交通連携懇談会」のメンバーと、各社の関係者ら約20人。

 一行は、初日の2日に鉄道と路線バスを乗り継いで高千穂町へ。到着後は、宮崎交通が町内で運行する「高千穂回遊バス」を利用し、高千穂峡から天岩戸神社を訪れた。同神社では、神職の案内でアマテラスオオミカミが身を隠したという「天岩戸」を拝観する神域などを巡った。

 この日はまた、町内のホテルで内倉信吾町長や観光協会、商工会、旅館組合、飲食店組合の関係者らと意見交換。夜は、高千穂神社の神楽殿で観光神楽を鑑賞した。3日は五ケ瀬町で釜炒(い)り茶を作る茶工場や五ケ瀬ワイナリーなどを視察した後、高速バスで帰路に就いた。

 菊池社長は「各社のアドバンテージを生かすことで、これまでとは違う形で新たな観光客を呼び込むことができる」、盒脅卍垢蓮峽本地震で九州全体の観光が冷え込んでいる中、各社が横のつながりを大切にしながら都市部から宮崎、高千穂に来てもらう具体的なプランを考えていきたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top