【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

各地で夏越しの大はらい

本紙掲載日:2016-07-01
2面
茅の輪をくぐる参拝者(今山恵比須神社)
茅の輪をくぐる参拝者(春日神社)

半年間の罪や汚れはらう

 知らず図らず身に付いた半年間の罪や汚れをはらい清める、「夏越(なごし)」と呼ばれる大はらい行事が30日、県北各地の神社などで行われた。参拝者は茅(ち)の輪をくぐって、残り半年の無病息災を祈願した。


◆人形や車形の形代を奉納−延岡・今山八幡宮

 延岡市山下町の今山八幡宮(伊藤俊郁宮司)の大祓(おおばらい)祭は同市高千穂通の今山恵比須神社で営まれた。参拝者は、カヤを束ねた直径2・5メートルほどの茅の輪を「8」の字を描いてくぐって身を清めてから、拝殿へと進んだ。

 自分と家族の無事を願う人形(ひとがた)や無事故を願う車形の形代(かたしろ)を神前に奉納し、ろうそくに火をともして、半年間の無事に感謝するとともに、残り半年間の平穏を祈願。境内では、無事故を願う車のおはらいも行われた。

 母、祖母と3人で参拝した橋倉冬真君(草川小4年)=門川町=は「毎年来ています。半年間元気で過ごせたので、残る半年も健康を一番に、勉強を頑張ります。夏休みがとても楽しみです」と話した。

 伊藤宮司も「これから夏本番で体調的にも気を付けなければならない時期です。参拝された方にとって、心身ともにリフレッシュする節目となれば」と祈った。


◆「蘇民将来」唱え延命祈願−延岡・春日神社

 延岡市恒富町の春日神社(木村健男宮司)でも昨夕、夏越大祓=茅輪神事=があり、大勢の参拝客が訪れた。

 同神社では、社殿で神事が営まれた。氏子総代や参拝者代表が玉串をささげた後、参拝者全員で大祓詞(おほはらへのことば)を奏上した。

 神事後は、宮司を先頭に竹灯籠がともされた境内を参進。「みな月のなごしの祓ひする人は千年の命のぶというなり」「蘇民将来(そみんしょうらい)、蘇民将来」と「夏越大祓和歌」を唱えながら直径3メートルの茅の輪をくぐり、自身の汚れを形代に移して社殿に奉納した。

 境内の一角では、表千家豊秀社中(豊秀花子代表)によるお茶のお接待もあり、参拝者を喜ばせた。

 家族3人で参拝した小野貢さん(48)は「家内安全を祈願しました。娘も来年受験ですので、今年の残り半年も健康で充実した一年にしたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top