【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

署名が10万人突破

本紙掲載日:2016-06-29
1面
道づくりを考える延岡女性の会の総会であいさつする志賀会長

中央道の早期整備を要望−道づくり女性の会

 宮崎、熊本両県の九州中央自動車道沿線の「道づくりを考える女性の会」などが同自動車道の早期整備を求めて行ってきた署名活動が28日、目標の10万人を突破した。7月27日に宮崎県側の代表5人が署名簿を携えて国土交通省と財務省を訪ね、要望書を提出する。

 署名活動は延岡、日向・門川、日之影、高千穂、五ケ瀬の各道づくり女性の会と熊本商工会議所女性会、上益城郡商工会女性部の会の7団体が発起人となり、3月1日から取り組んできた。

 4月に発生した熊本地震の影響で熊本県側の署名簿はすべてを回収することができなかったが、昨夜、延岡市男女共同参画センターで開かれた「道づくりを考える延岡女性の会」(志賀朋子会長)の総会に延岡市内から689人分が届き、計10万104人となった。

 志賀会長は「熊本地震で各地の一般道が壊れている時に高速道整備を訴えていいのだろうか、災害復旧が先じゃないのかと思った時もあったが、支援物資の運搬や炊き出し活動をした息子が『移動に2時間も3時間もかかった。やっぱり高速道があればよかったね』と言うのを聞いて、高速道の必要性を改めて感じた。南海トラフ地震で宮崎県側が被害を受ければ熊本から支援に来てもらわなければならない」と話し、災害時に中央道が果たす役割の重要性を強く訴えていく姿勢を示した。

          ▽          ▽

 道づくりを考える延岡女性の会は昨夜開いた総会で任期満了に伴う役員改選を行い、志賀会長(3北商工会女性部北方支部長)ら役員全員を再選した。副会長は古本政子、川並ハツ子、中村治代、工藤豊子の4氏。任期はいずれも2年。

その他の記事/過去の記事
page-top