【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高校生の投票立会人

本紙掲載日:2016-06-28
1面
期日前投票立会人として、投票が公正確実に行われているかチェックする柳田さん

期日前投票所に配置−延岡市選管

◆公正確実をチェック「緊張しました」

 18歳選挙権が参院選(7月10日投開票)に導入されたことを受け、延岡市選挙管理委員会は25、26日、市内の期日前投票所2カ所の投票立会人に18歳以上の高校生を配置した。実際の選挙の投票事務を手伝うことで、主権者としての自覚を高めてもらおうと初の試み。

 公職選挙法改正で選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ、今回の参院選では7月11日生まれの高校3年生も選挙権を有する。このため、同市選管は、市内の高校を通じて募集。4校延べ46人の申し込みの中から、期日前投票立会人6人、投票日当日の投票立会人7人と投票事務従事者18人の計31人の配置を決めた。

 期日前投票所に高校生の投票立会人を配置したのは、市社会教育センターとイオン延岡店の2カ所。このうち、延岡高校普通科3年の柳田陽菜さん(18)は、26日午後2時30分から午後8時まで、社会教育センター会場で大人の投票管理者や投票立会人と席を並べ、投票が公正確実に行われているかチェックした。

 柳田さんは、投票立会人を通じて実際の投票の流れを見ることができたこと、代理投票や不在者投票にも立ち会えたことなどに触れ、「緊張して少し疲れたが、よい経験になった」と満足。「選挙については分からない部分も多いが、まずは投票所に足を運んで自分の一票を投じてみたい」と話していた。

 このほか、市選管は、同市社会教育センターなどの期日前投票所の立会人として、今回の参院選から新たに選挙権を得た九州保健福祉大学の学生も配置する。市選管事務局は「実際の選挙投票の仕事に携わることで、主権者の自覚を育む一助になれば。また、経験を周囲に話すことで若い世代の意識の高まりにつながれば」と期待している。

その他の記事/過去の記事
page-top