【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

漫然運転対策に全力

本紙掲載日:2016-06-27
3面

県交通安全対策専門部会

◆自転車安全利用も

 県交通安全対策推進本部(本部長・河野知事)は23日、県庁で運転・暴走族対策専門部会を開き、脇見などの漫然運転対策と自転車の安全利用について引き続き全力で取り組むことを確認した。

 県警本部交通企画課によると、県内では交通事故全体は減少傾向にある一方で、高齢運転者事故割合と死亡者に占める高齢者割合が増加傾向にある。平成27年も全9455件のうち、22・7%の2143件が高齢運転者事故。高齢者死亡割合も67・3%(52人中35人)に上り、事故原因の約7割を占める脇見・ぼんやり運転対策が急務となっている。

 また、自転車の交通事故も昨年は1060件発生し、5人が死亡。年代別は高校生263件、高齢者193件で、交差点での安全不確認による車との出会い頭の事故が目立つ。

 漫然運転対策では、県警本部から事故多発地点や酷暑期、秋冬の薄暮期の街頭指導取り締まりの強化や、各警察署単位でのシニアドライバーズコンテストなどの継続実施などが示された。

 自転車の安全利用では、県教委から警察署と連名で自転車交通安全モデル校に県立15高校を指定したことや、警察署、自動車学校と連携した交通安全教室の実施や自転車保険加入の推進などが報告された。「通学高校生にヘルメット着用を」の意見も出された。

その他の記事/過去の記事
page-top