【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

空から水難救助

本紙掲載日:2016-06-27
3面
水難救助を訓練する県防災救急航空隊の隊員(延岡市消防本部の潜水訓練施設)

県防災救急航空隊−防災ヘリで活動

◆延岡市消防で潜水訓練

 防災ヘリ「あおぞら」で救急・救助に当たっている県防災救急航空隊がこのほど、延岡市消防本部で潜水訓練を実施。海水浴シーズンを前に水難救助の技術をおさらいした。

 航空隊は海難事故の捜索や沖に流されたサーファーの救助活動などで出動。現場で隊員は潜水士が保護した要救助者を、上空のヘリから宙づりになった状態で自身の体に固定して引き上げ救助する。

 航空隊によると、昨年の水難救助は県内に8件、大分県に1件出動し、水難による救急も県内に2件出動。このうちサーフィン客の多い日向消防管内が5件(救助は4件)と最も多かった。

 この日は、消防本部の潜水訓練施設で立ち泳ぎやシュノーケルでの呼吸法など基本訓練の後、実践訓練。立ち泳ぎを続けながら要救助者の胴体に固定ベルト(レスキュースリング)を装着して、自分の救助ベストに付いている固定器具とつなぎ、機体側に引っ張り上げてもらう動作を繰り返し練習した。

 また、流されたサーファーの救助では固定ベルト装着後、サーフボードと足首をつなぐコードの取り外しも訓練。体に絡まった救助ロープを水中ナイフで切って離脱する方法も練習した。

 水難救助ではプロペラの風圧(ダウンウォッシュ)で要救助者を溺れさせてしまわないよう、救助地点手前から隊員がつり下がり、移動しながら拾い上げるように助けなければならない。そのため、自分の安全確保と同時に素早い救助が求められるという。

 訓練では、より現実的に危険な想定として、要救助者が隊員にしがみついたり暴れる状況も再現。隊員はシュノーケルでいかに呼吸を保つかや、動くほどに絡まるロープへの対処法などを、体にたたき込むように繰り返していた。

 航空隊の水難救助訓練はこれまで、ダム湖で実際にヘリを飛ばしながら実施していたが、時間的に細かな反復練習ができず非効率的だったという。

 延岡消防の理解で訓練施設を提供してもらうことができ、航空隊の湯浅憲治副隊長(延岡市消防本部派遣)は、「徹底して何回も訓練できるので大変ありがたい。確実・安全でスピーディーな救助技術を磨いて出動に備えたい」と話した。24日にも今回参加できなかった隊員の訓練を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top