【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

交通安全は家庭から

本紙掲載日:2016-06-24
3面
「発足のことば」を述べる部長の黒木文子さん

日向地区協会日向支部女性部発足

 家庭の声掛けから交通安全に対する市民の意識を高めていこうと、日向地区交通安全協会日向支部(谷口中支部長)は6月23日、家庭を支える女性独自の視点で啓発に取り組む交通安全女性部を新たに発足させた。

 発足式は日向警察署であり、谷口支部長は「交通安全の基本は、何と言っても家庭での声掛け。日向市の女性ならではの力を発揮してほしい」とあいさつ。

 十屋幸平市長は「交通事故を起こさない、交通事故に巻き込まれないために『いってらっしゃい』『気を付けて』という声掛けを、まずは家庭から実践していただきたい」、戸眄唇貊霙垢蓮峇鋲發砲ける今年の交通事故死者数と飲酒運転検挙件数は共に県内ワースト1。この危機的状況を乗り越えていくためにも、皆さんの活動で明るい日向市にしてほしい」と期待を示した。

 交通安全女性部は、同支部の各分会から推薦を受けた女性20人で組織。部長の黒木文子さん(46)=幸脇分会=は「交通社会の一員としての自覚を新たにし、安全で住み良い社会を実現するため、その一助になることを強く望んでいる」と力強く「発足のことば」を述べた。

 今後は手始めとして、パッチワークの技術を学び、交通安全を呼び掛ける啓発グッズを制作。地域に配布することにより、意識を高めてもらうきっかけづくりに取り組んでいくという。

 同協会の田崎登保会長によると「女性部は平成14年ごろ、支部ごとに一度組織されたものの、その後、市町村合併もあり自然消滅してしまった」という。今回の日向支部の交通安全女性部は、同協会で実働する唯一の女性部として発足したことになる。

その他の記事/過去の記事
page-top