【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「不思議な乗り心地」−日向笑々号が完成

本紙掲載日:2016-06-21
8面
舟形に組んだらロープできつく縛る。参加者が左右に分かれて、〃綱引き〃のようにロープを引いた
アシの束をたくさん重ねて大きな束にする
「できたよ!」
進水式で「日向笑々号」の安全を神に祈る石川さん
浮力は十分。友内川で〃初航海〃を楽しむ子どもたち

五ケ瀬川流域ネットワーク−ワークショップでアシ舟造る

 人類最古の舟と考えられるアシ舟を造るワークショップが19日、延岡市牧町の資料館リバーパル五ケ瀬川であった。NPO法人五ケ瀬川流域ネットワーク(土井裕子理事長)主催。3万年以上前の航海を再現する国内外のプロジェクトに参加している石川仁さん(カムナ葦船プロジェクト代表)=長崎市在住=を講師に招いて、昨年に続き2回目の開催。子どもを中心に25人が参加した。大人なら1人、子どもなら2人が乗れる長さ3・5メートルの舟を造った。

◆友内川で“初航海”交代で乗って楽しむ

 アシはパイプのように中が空洞なので浮力が大きい。最古の舟の素材については諸説あるが、石器時代以前はおのなどの道具がなかったため、石川さんらは貝殻で切ることのできる植物だったと推測。長さ30メートル、マストの高さ13メートルのアシ船を造り、88日間8000キロを航海したことがある。現在は、3万8000年前に台湾から沖縄まで人がイノシシを連れて渡ったことを徹底再現するプロジェクト(国立科学博物館主催)に取り組んでいる。

 今回造った舟は、石川さんがペルーのチチカカ湖で学び、国内でのワークショップ用に造り方をアレンジしたもの。アシは同館近くの友内川河口で、同館職員が3月に刈り取り保管していた。

 アシはそれぞれ直径15センチほどの束にまとめておき、二つの束の根元側を合わせて、納豆を包むわらのような、中央部が膨れた形にする。これを1単位として舟形に組み合わせ、ロープできつく縛っていく。

 午前9時30分から午後3時まで、昼食を挟んだだけで大人も子どもも作業に熱中。完成すると「日向笑々(ひゅうがわらわら)号」と命名し、友内川に浮かべた。参加者が交代で乗って楽しんだ。

 延岡小学校6年生の園田葵さんは「ロープを縛るのが大変だったけど楽しかった。乗り心地は不思議な感じ。草で造った舟が浮くなんて意外でした」。

 土井理事長は「アシを刈り取ることは川の浄化にもなるので、来年も行いたい。このサイズの舟を5、6そう造ってレースをしたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top