【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「旧延岡藩と伝統武道(術)の歴史考証」

本紙掲載日:2016-06-20
8面
旧延岡藩と伝統武道(術)の歴史考証

「郷土に誇りを」延岡市武道振興会が発行

 延岡市武道振興会(会長・首藤正治市長、甲斐国征理事長)は、延岡と関連の深い武術や武道家の歴史をひもといた「旧延岡藩と伝統武道(術)の歴史考証」を発行した。「多くの市民に読んでいただき、郷土に誇りを感じてもらいたい」と話している。

 伝統武道に詳しい日本武道院征武館長の甲斐理事長(72)=本小路=が「延岡には武の資料が無いに等しい。後世に残していくためにも」と、同振興会が主催する「延岡市武道祭」の大会プログラムの資料を再編集して一つにまとめた。

 A4判で16項目全28ページ。万延元(1860)年に伝承されたという柔術を主体とした総合武術の「南蛮流捕手術」や、旧延岡藩内藤家の〃お家芸〃だったという「大嶋流鎗術(そうじゅつ)」などいくつかの武術を紹介。

 併せて、延岡出身の偉人も記載。北辰一刀流皆伝者で第二十八国立銀行の頭取も務めた井上八郎氏や、柔道の達人磯貝一氏の父で関口南蛮流柔術を修めたとされる恒久氏の生涯にも触れている。

 冊子の冒頭では、今年34回目を迎え、地域の武道祭としては日本一の歴史だという同武道祭の目的についても解説している。

 冊子は市内の各武道団体に寄付したほか、市教育委員会など公的機関にも配布しているという。一般市民も無料で手に入れることができる。

その他の記事/過去の記事
page-top