【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“ゼロ災”を達成へ

本紙掲載日:2016-06-18
2面
あいさつする難波部会長

宮崎労働基準協会延岡支部労働安全衛生推進大会

 宮崎労働基準協会延岡支部(山添勝彦支部長)の平成28年度労働安全衛生推進大会が15日、支部会員ら約300人が出席して延岡総合文化センターで開かれた。同支部安全衛生部会の黒木茂さんの指揮でスローガンを指差し唱和、安全への意識を高めた。「見えますか?あなたのまわりの見えない危険みんなでみつける安全管理」をスローガンに7月1日から7日まで実施される全国安全週間の一環。

 開会に際し同支部衛生部会の難波孝好部会長が「労働災害を防止し安全な職場にするためには、後追いの安全活動ではなく、将来起こりうるリスクをいかに小さくするかが大切。危険を察知し先取りする安全活動に全員が参画し、一人一人が〃ゼロ災〃を達成できる職場にすること。そのためには現場、現物、現実の三現主義を徹底し、危険をしっかり感じ取ることができる人材を育ててください」とあいさつ。

 延岡労働基準監督署の福山栄隆署長は「平成27年、全国の労働災害による死傷者数は死亡災害・休業災害ともに2年ぶりに前年を下回り、特に死亡者数は1000人を切った。これは画期的なことだが、一番の要因は先人と皆さまの地道な努力の成果。一方で昨年、県内では14人、延岡管内では4人の方が亡くなっており、引き続き安全管理の徹底をお願いしたい」と述べた。

 続いて、同署の地福竹志安全衛生課長が「管内労働安全衛生の現状」と題して講話。昨年発生した県内と延岡管内の死亡、休業事故の事例を報告した。

 このほか、山添支部長が「現場力強化で安全確保」と題して特別講演を行ったほか、旭化成エネルギー総部延岡動力部の村重友昭さんと、マツダ工業の松田佳久さんが、安全への取り組みについて事例発表した。


約300人が参加した労働安全衛生推進大会
その他の記事/過去の記事
page-top