【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新会長に福良JA日向組合長−東臼杵郡市畜連

本紙掲載日:2016-06-18
3面
東臼杵郡市畜連の第65回通常総会および役員会

27年度、子牛60万円台突破も頭数減

 東臼杵郡市畜産農業協同組合連合会(代表理事会長=白坂幸則JA延岡代表理事組合長)の第65回通常総会と役員会が17日、延岡市櫛津町の延岡家畜市場であり、昨年度の事業報告や平成28年度事業計画案など4議案を原案通り承認した。役員改選もあり、JA日向の福良公一代表理事組合長が代表理事会長に、JA延岡の白坂幸則代表理事組合長が代表理事副会長に選ばれるなどした。任期は3年間。

 白坂会長は「生産農家や母牛・子牛の減少が最大の問題。新たな担い手や新規就農者を増やすための基盤作りが必要。生産農家やJA、関係機関が協力しながら、元気で活力のある畜産業にしていきたい」と述べ、協力を呼び掛けた。

 同会の同27年度の子牛の平均取引価格は前年比11万6千円増の63万7千円で、初めて60万円台を突破するなど過去最高値となった。その一方で子牛の販売頭数は3842頭と前年度比で48頭減り、過去2番目の少なさとなった。販売高総額は前年比4億2185万円増の24億4742万円となり約39万円の剰余金を計上した。

 28年度事業計画では、生産者と関係機関が一丸となり、肉用牛の改良・増頭維持・繁殖成績の向上に取り組むとともに、販路拡張、購買者誘致などによる市場の活性化、販売力の強化を図り、農家の経営安定と市場の経営基盤の確立に努めることを確認。具体的には子牛3740頭、成牛540頭の取り扱いを計画し、取り扱い価格27億2680万円を目指す。

 管内の飼養農家の現状(1月10日現在)を見ると、飼養戸数は前年比35戸減の607戸、母牛の総頭数は前年比97頭減の4763頭。また、飼養規模が10頭未満は79・9%、60歳以上の生産者は68・2%を占めている。従事者の高齢化や後継者不足に伴い、生産農家数、母牛頭数、子牛頭数とも年々減ってきており、肉用牛生産地域としての存続が危ぶまれる状況が続いている。

 会長に就任した福良さん(63)は、「生産農家を取り巻く環境は依然厳しい。子牛価格や枝肉価格が高水準の今こそ、競り市の在り方など生産農家のために何ができるかを具体的に考えていきたい」と抱負を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top