【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

再来年以降の継続に含み

本紙掲載日:2016-06-17
1面

首藤市長「選択肢の一つ」−延岡市議会

 平成30年2月5日に任期満了を迎える首藤正治延岡市長は16日午後、市議会6月定例会一般質問で、「再来年以降も継続して重責を担うということも選択肢の一つ」と述べ、4期目への挑戦に含みを持たせた。内田理佐議員(自民党きずなの会)の質問に答えた。

 内田議員は、市長の任期が残り1年7カ月と指摘し、「延岡新時代創生総合戦略の残り4年をどう展開するのか。10年計画もいくつか策定している。『多選』『続投』の声も聞かれる中、将来をしっかり見据えた展開を期待するが、市長の考えや思いを聞かせてほしい」と質問した。

 これに対し、市長はまず多選の考え方について、「これまで『市長の多選は望ましくない』と申し上げてきた。その考えは今でも変わっていないが、かと言って任期が満了したら後はどうなろうと感知しないというのも全くもって無責任な話である」と答弁。

 その後、「私の身の処し方を申し上げる時期ではないが、基本的な考え方として正直な思いを申し上げれば、私より若くて、誰もが認める能力があって、安心して後を任せられる人物にバトンタッチできれば、それが一番正しいと考えている。しかしながら、現実的に今現在はそういう状況にございませんので、私としては自分自身が再来年以降も継続して重責を担うということも選択肢の一つとして、延岡市の将来のために今後どうすべきか周囲の皆さんの意見も聞きながらしっかり考えていきたい」などと述べた。

 首藤市長は平成18年1月の市長選挙で初当選し、現在3期目。14日の一般質問では三上毅議員(公明党市議団)の質問に対し、「今はまだ私自身のその後の身の処し方について申し上げる時期ではない」と次期市長選について明言を避けていた。

その他の記事/過去の記事
page-top