【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

注意−ジカ熱、デング熱予防へ

本紙掲載日:2016-06-15
3面

蚊の発生抑え、刺されないように

 県は、近年増加しているジカ熱やデング熱のウイルスを媒介する蚊の発生を抑えたり、なるべく刺されないようにするなど注意を呼び掛けている。

 ジカ熱は国内での感染例はないが、近年は中南米などで流行。ウイルスが母体から胎児に感染すると小頭症などの先天性障害を起こす可能性がある。軽度の発熱や発疹、結膜炎、関節痛、けん怠感、頭痛などの症状がある。

 デング熱の国内感染は過去60年以上報告されていなかったが、昨年は東京・代々木公園を中心に160人の患者が発生。発熱や頭痛、筋肉痛、発疹などを発症する。

 両ウイルスとも国内では、広く生息するヒトスジシマカを媒介することが分かっている。活動期は5月中旬から10月下旬まで続く。

 県は発生を未然に抑えるため、雨ざらしの用具や植木鉢の皿など、繁殖場所の水たまりを作らないよう注意を喚起。また、蚊がいるような場所に行く時は、虫よけ剤を使用したり、長袖・長ズボンを着用して肌の露出を避けるなどの対策を呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top