【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市議会一般質問初日−荻原紘一議員

本紙掲載日:2016-06-14
2面

 日向市議会の6月定例会は13日、一般質問初日を行い、荻原紘一議員(日本共産党市議団)、岩切裕議員、三樹喜久代議員(公明党市議団)、富井寿一議員(社民・民主の会)、西村豪武議員(改革クラブ結い)の5人が立った。主な質疑応答は次の通り。


◆簡易給水ろ過装置−実証実験など積極的に

【荻原紘一議員】
▽世界恒久平和=非核平和宣言都市として取り組みを強化すべき。
▽被災地支援=熊本地震に対する市職員の派遣状況について。
▽簡易給水ろ過装置=被災時に有効と考える。活用への考えは。

【十屋市長】
▽世界恒久平和=「青少年ピースフォーラム」への中学生派遣や原爆写真展の開催など、今後も実現に向け積極的に取り組みを進めていく。
▽被災地支援=4月14日の発生後から5月20日までに給水、廃棄物処理などの支援に延べ278人(実人員81人)を派遣したところ。

【門脇総務部長】
▽被災地支援=現地で感じた課題を分野ごとに整理し、今後に生かしていく。

【御手洗上下水道局長】
▽簡易給水ろ過装置=良い取り組みと考え、今後は実証実験などに積極的に取り組んでいく。

その他の記事/過去の記事
page-top