【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

リオ五輪柔道−旭化成3選手が意気込み

本紙掲載日:2016-06-14
3面
大野選手
永瀬選手
羽賀選手

6月18日まで延岡で強化合宿

 8月のリオデジャネイロ五輪に出場する旭化成柔道部の3選手が13日、延岡市役所を訪問。14日からの全日本強化合宿を前に、記者会見を開いた。18日までの延岡合宿後は、それぞれ拠点の母校(大野=天理大、永瀬=筑波大、羽賀=東海大)に戻り、7月にスペイン合宿、7月末に国内最終合宿(東京)が予定されているという3人。会見と市長との会談での発言要旨を紹介する。

◆けがもなくいい状態−大野将平選手

 国内でけがなくいい状態で練習を積めている。7月には海外遠征で対外国人の対策、最終調整をして臨みたい。

 4月に代表が決まってから、全体での合宿ははじめて。また、実業団の試合の後で延岡に強豪選手が集まり、追い込んだ合宿になる。けがをしないよう、一つ山をつくり、追い込んでいけたら。

 その成果を発揮し、金メダルを獲得したい。大事なのはコンディショニングとピーキング。心、体ともに最高の状態でリオに臨みたい。

 自分の柔道でピックアップしていただくのは、一本で投げる攻撃的なスタイル。課題でもある我慢強さや執念深い柔道をリオでは展開していければ。

 こうやって延岡に帰ってくることはなかなかできないが、会社、延岡の一員として、延岡が盛り上がるような、市民が感動してくれるような柔道を取りたい。


◆まずは目の前の相手を−永瀬貴規選手

 今年入社したばかりの新人なので、新人らしく元気のある柔道をして、一番輝くメダルを持ち帰りたい。

 五輪まであと2カ月ほどしかなく、あっという間だったと思っている。一日一日を大事に過ごしていかないとと思った。

 けがもなく、ここまで順調に過ごせている。あと2カ月ほどこのまま、しっかりやり残すことないように過ごしていきたい。

 五輪まで最後の追い込む合宿になる。トレーニング、練習でしっかり自分を追い込み、五輪の試合の日に最高のコンディションでいられるようしていきたい。

 自分の柔道の強みは受け。逆に受ける一方で攻めが遅くなる試合があるのが課題。金メダルが目標だが、まずは目の前の相手を倒すことだけ考えてやっていく。

 見ている延岡の人を元気、勇気づけられるような試合をしていきたいと思う。


◆延岡の人に恩返しを−羽賀龍之介選手

 リオまでの時間が迫ってくるにつれ、勝ちたいという思いも強くなり、緊張感も出てきている。

 3人の中で最後の登場。前2人が金メダルを取ってくると思うので、ものすごいプレッシャーになるが、それと戦いながら、三つの金メダルを持ち帰りたい。

 昨年の世界選手権の前も延岡合宿でいい練習ができ、そのまま世界選手権に行けた。今回も五輪前に延岡で合宿ができることに感謝し、取り組みたい。

 けが(3月に左膝を故障)もあったが、徐々にペースも強度も上げられている。リオへこういうことを積み上げていくしかない。今は不安はなく、当日にいい状態で臨みたい。

 得意技の内またが強みだが、こだわりすぎるところが課題。内またもしっかり見せつつ、いいバランスで戦っていければ。

 自分は生まれが延岡市。いろんな人に注目してもらっているので、勝って恩返しが出来れば。


◆旭化成・中村兼三監督

「3人とも試合当日に合わせて調整をしており、全く心配していない。試合の日に自信を持った状態で送り出すということを考えやっていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top