【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

関東学院大の前監督らが指導

本紙掲載日:2016-06-13
2面
春口さん(左)の指導のもとタグラグビーを楽しむ園児
クリニック後はみんなで記念撮影

第1回杉の子スポーツクリニック−延岡

◆園児とタグラグビー

 第1回「杉の子スポーツクリニック〜子供たちに本物を〜」が11日、延岡市富美山町の杉の子保育園(木本一成園長)であり、関東学院大学ラグビー部前監督の春口廣さん(67)とその教え子ら4人がラグビーを通して園児と交流した。

 初となるクリニックは、「都会だけでなく地方の子どもたちにも一流のプレーヤーや指導者と触れ合う機会を平等に与えたい」という木本園長の思いから開催。

 木本園長が春口さんの教え子で交友があることから、NPO法人横濱ラグビーアカデミー理事長の春口さんをはじめ、リコーラグビー部監督などを務めた櫻井勝則さん、元ラグビー日本代表の溝辺圭司さん、キュウデンヴォルテクスタグラグビー普及マネジャーの赤間勝さんの同大学卒3人も一緒に訪れた。

 園児は年長の18人が対象。春口さんの指導で接触プレーのないタグラグビーなどを楽しんだ。

 タグを奪われないように走る遊びやチームごとによるボールを使った競争などで元気に運動。ボールの数を競い合うゲームでは敗れて涙する園児の姿もあり、スポーツを通してチームプレー、勝つ喜びや負ける悔しさなどを学んだ。

 最後に春口さんは「泣くぐらい悔しがってください。そうすると楽しい時がもっと楽しく思えます。これからもラグビーを続けてね」と呼び掛けた。

 木本園長は「緊張したり、悔しがったりすることが子どもたちに良い経験となる。今後もラグビーをベースにスポーツを通して学びを得てもらえるようクリニックを続けていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top