【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−古民家の耐震診断改修

本紙掲載日:2016-06-11
3面

熊本で支援活動も

 「古民家は地震に弱いのではなく、長年の災害を乗り越えた実績のある建物であり、しっかり診断し改修していけば、これからも安心して住み続けられることを知ってほしい」と話すのは、一級建築士で古民家動的耐震診断士でもある坂口孝生さん(38)=日向市塩見=(写真)。

 全国古民家再生協会の宮崎第一支部長として5月11、12日、全国動的耐震評価連合会を中心とした全国の仲間と共に熊本地震の被災地に足を運び、被災した古民家の耐震診断を無償で実施した。

 古民家は、建築基準法の耐震基準を当てはめられないため、独自に安全性を確認しなければ「無駄な解体や廃棄につながりかねない」という。

 耐震診断の結果、対策を必要とする古民家には、7月に再度出向き、無償で耐震改修を行う予定という。「今回の地震を機に古民家の存続も危うくなってきている。しっかりとした支援活動を続けていきたい」と話している。

 7、8年前から椎葉村の伝統的建造物群保存地区にある古民家の改修に携わるようになり、思いを強くしたという坂口さん。古民家の耐震診断、耐震改修に関する問い合わせを受け付けている。

その他の記事/過去の記事
page-top