【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県議会一般質問初日−後藤哲朗議員

本紙掲載日:2016-06-10
2面

 県議会6月定例会は9日から、一般質問がスタート。県北からは後藤哲朗議員(自民、延岡市区)と田口雄二議員(県民連合宮崎、同)が登壇した。主な質疑応答は次の通り。


◆山菜を生かした取り組み−メニューや商品を開発

【後藤哲朗議員】
▽防災・減災対策=熊本地震を受け、南海トラフ巨大地震対策を今後どう進めるか。
▽山村地域の所得向上と活性化=山菜を生かした取り組みを。
▽建設産業の就労環境整備=担い手確保のためにも重要だ。

【河野知事】
▽防災・減災対策=東日本大震災以降、南海トラフ巨大地震を想定した減災計画の見直しや、国の支援を円滑に受け入れるための実施計画を策定した。沿岸地域での総合防災訓練も毎年行っている。熊本地震を踏まえ、市町村や関係機関・団体とも連携して支援受け入れのマニュアル整備や訓練など、より実践的な取り組みを進めたい。

【大坪篤史環境森林部長】
▽山村地域の所得向上と活性化=農産漁村で今年度から、年収100万円アッププロジェクトに取り組む。その中で山菜などを活用した新メニューや商品を開発し、健康などと組み合わせた山の恵み体感ツアーを実施したい。

【東憲之介県土整備部長】
▽建設産業の就労環境整備=今年度から新たに、完全週休2日が条件のモデル工事や、女性技術者らがいる現場に専用トイレ設置のモデル工事に取り組む。現在、対象工事を選定し、早期発注に向けた準備を進めている。

その他の記事/過去の記事
page-top