【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

海開き7月16日−延岡市

本紙掲載日:2016-06-10
1面
3海水浴場の海開きを7月16日とする計画案を承認した延岡市海水浴場等管理委員会

須美江、熊野江、下阿蘇

 延岡市の3海水浴場の海開きが7月16日と決まった。須美江、熊野江、下阿蘇の順に午前9時、10時、11時と安全祈願神事を営み、下阿蘇ビーチでは引き続き11時30分から合同セレモニーを行う。同市海水浴場等管理委員会(会長・上田美利同市議会議長、16人)が9日、事業計画案を承認した。

 期間は8月31日まで。開設時間は、熊野江が午前8時〜午後5時、須美江と下阿蘇ビーチが午前8時30分〜午後5時。初日の合同セレモニーでは、各種アトラクションやテープカットなどに続き、若鮎(わかあゆ)レディや地元の子どもたちが初泳ぎをする予定。

 同市中小企業振興センターで開いた会合では、3海水浴場の管理運営団体の代表者が、管理運営事業計画書案を説明。開設期間などのほか、安全区域の表示の設置などの安全対策や監視人の配置人数、浮輪や救急薬品など救命対策などを示した内容について全会一致で承認した。

 また、サメが目撃された場合の対応方法についても議論され、市が人命を最優先に考える必要から、近辺で目撃があった際は遊泳禁止の態勢を取る考えも示した。

 市観光戦略課によると、27年度の3海水浴場の利用者数は、下阿蘇ビーチが約6万7500人、須美江が約6万2500人、熊野江が約9250人の計約13万9250人。今年4月の東九州自動車道椎田南―豊前間(福岡県)の開通で、延岡市は北九州市と高速道路でつながり、さらなる利用者数増が期待できるという。

 冒頭、あいさつした首藤正治市長は「海水浴場のある地域は『ひむか遊パークうみウララ』と称される北の観光の玄関口。北九州市と高速道路でつながって初めての夏を迎える。多くの他地域の人々に海の魅力を知ってもらい、存分に楽しんでほしい」と期待していた。

その他の記事/過去の記事
page-top