【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

初の試み「友釣り特別区」−北川漁協

本紙掲載日:2016-06-09
3面
解禁日を前にアユを放流する北川漁協の組合員(8日、北川町堀切)

ダム下流3・5キロ区間−漁解禁の10日から

 延岡市の北川漁業協同組合(長瀬一己組合長)は初の試みとして、「友釣り特別区」を北川の一部区間に設定する。一般開放は北川水系でアユ漁が解禁となる今月10日から。長瀬組合長は「北川にはアユが大きく育つ環境がある。ぜひ〃尺アユ〃を目指して釣りを楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 特別区は、北川ダム下流200メートル付近から北川町堀切(通称・猫岩)までの約3・5キロメートル。8日には、北川漁協の組合員と大分企業局の職員8人が参加してアユを放流。県の委託放流業者である宮崎市高岡町の中村養魚場が用意した23、24センチほどに成長したアユ612キロを同区間の8カ所に放流した。

 北川ダムで維持流量放流設備設置工事を行っている同企業局は、工事で下流域に濁水が放出された事に対する還元放流として平成25年から同漁協立ち会いで放流を実施。工務課土木施設班の後藤祐三主幹は「地元にある恵まれた自然に触れ合ってほしい」と話した。

 北川漁協はこれまで、「大きなヤマメ、大きなアユの釣れる北川を目指そう」と河川の利用方法の在り方を検討。昨年2月には同区間内に「ヤマメのキャッチ&リリース区」を設けるなど、新たな取り組みを続けている。

 特別区の設置について、長瀬組合長は、「釣るのは大きいアユの方がうれしいに決まっています。釣り人に喜んでもらいたい」と話していた。

 特別区の「釣り券」は、通常の入漁券とは別料金で事前購入が必要。料金は年間7000円、1日券3500円。特別区の年間釣り券で北川水系全域でのアユ漁が可能という。漁期は9月30日まで。問い合わせは北川漁協(電話延岡46・3922)。

その他の記事/過去の記事
page-top