【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

米の消費拡大に“十分寄与”

本紙掲載日:2016-06-09
1面
解散を承認した延岡市米消費拡大推進協議会の通常総会

延岡市米消費拡大推進協議会

◆38年の活動にピリオド−今後はJA延岡が推進

 米消費拡大運動に十分寄与したとして、延岡市米消費拡大推進協議会(会長・首藤正治延岡市長)が38年間の歴史にピリオドを打った。8日、同市川原崎町のJA延岡本店3階ホールで開いた通常総会で解散が承認された。今後はJA延岡が取り組む食農教育イベント「あぐりスクール」や、消費者向けイベント「クッキングフェスタ」などを通じて米の消費拡大につなげていく考え。

 同協議会は昭和53(1978)年、九州農政局や県東臼杵農林振興局、延岡市、市地域婦人連絡協議会、延岡地区SAP会議、JA延岡など関係機関・団体で組織。以来、消費者を対象に米の生産流通、消費拡大を主に取り組んできた。

 特に田植えや稲刈り、収穫祭の一連の農業を体験する「市民コメニケーション」は22年間続くなど一大イベントとして定着。このほか、延岡産の食材を使った「地産地消米粉料理コンテスト」「地産地消弁当コンテスト」「地産地消アイデアおにぎりコンテスト」などを開催。レシピ集を作製して配布するなどして、幅広い世代に米を中心にした食生活の良さをアピールした。

 また、わんぱく相撲延岡大会、北浦―島浦横断水泳大会、元気塾ふれあい運動会など市内の各種イベントに米やもち米を提供し、延岡産の米をPRした。

 同協議会の事務局によると、近年は類似した活動が多くなり、当初の目的は達成できたとして解散に踏み切った。今後は米に特化したものではなく、食農教育へシフトしていくという。

 同協議会副会長を務める白坂幸則JA延岡組合長は、「米は農業の原点。このまま解散で終わってしまうのは寂しい。今後、新たな組織を検討して、引き続き米の消費拡大に取り組んでいきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top