【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

推進大会など事業計画決まる

本紙掲載日:2016-06-08
2面
延岡市人権推進啓発協議会の総会

延岡市人権啓発推進協議会総会

◆人権のまちづくり推進賞−2団体を表彰

 延岡市人権啓発推進協議会(会長・首藤正治市長、143団体)の平成28年度第34回総会がこのほど、同市のカルチャープラザのべおかで開かれた。今年度の事業計画案を承認したほか、人権のまちづくり推進賞の表彰式や講演などが行われた。

 会長あいさつに続き、平成27年度の事業実績報告案や今年度事業計画案などを承認。今年度は研究大会やセミナー、映画上映会、作品展、推進大会などの開催をはじめ、講師派遣事業などを展開して人権啓発を推進していくことなどを確認した。

 人権のまちづくり推進賞は、差別をなくすための啓発活動に長年取り組む部落解放同盟宮崎県連合延岡支部(木原慎吾支部長)と、人権の尊重を基本とする男女共同参画社会の実現を目指して取り組むのべおか男女共同参画会議21(土井裕子会長)が受賞し、両代表が賞状を受けた。

 講演会は宮崎公立大学非常勤講師の蔵坪恵常(やすつね)さんが、「社会意識としての『部落差別』からの解放を〜差別の苦しみを我が痛みとする『優しさ』で部落問題の学びを〜」をテーマに話した。

 蔵坪さんは、人間の値打ちをおとしめる差別行為について、「ごく一部の情報や根拠のないうわさなど、予断と偏見によってつくられる」とし、部落差別意識が受け継がれてきた歴史的背景などを説明。「科学的根拠のない迷信にほかならない」と述べた。

 また、さまざまな差別の事例などを紹介した上で、「水面下の数十倍、数百倍もの隠された差別に苦しみ、悲しんでいる人がいることを想像する豊かな想像力を持ち、人の心の痛みをわが痛みとする優しい心を育ててほしい。差別を見抜き、許さない人間になってほしい」と理解を求めた。

その他の記事/過去の記事
page-top