【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

柏秀会第4回書作展−虎屋サロン17日まで

本紙掲載日:2016-06-07
7面
「歌との響き合いを意識して作品づくりをしました」(山浦主宰)という書に囲まれて歌う鈴木さん

鈴木富保子さん書とコラボ−「一期一会」テーマに18点

 延岡市を拠点とする書道グループ柏秀会(山浦柏秀主宰)の第4回書作展が、4日から延岡市幸町の虎屋サロンで開かれている。「一期一会」をテーマに、山浦主宰と書歴約10年の会員の作品18点を展示中。2日目には会場で〃神話ソングライター〃鈴木富保子(ともこ)さん=佐土原町在住=のコンサートがあり、来場者が書と歌のコラボレーションを楽しんだ。

 同会は読売書法展幹事、宮日美展無鑑査、延岡市美展無鑑査の山浦さん(延岡市稲葉崎町在住)が指導している。教室は延岡市岡富コミュニティセンター、日向市の生徒宅、宮崎市内の公民館の3カ所で開いており、展示会は4年ぶり。

 山浦さんが師事した井上柏凰さん(平成26年死去)に感謝を込めて、テーマを「一期一会」(その時その時の出会いを大切に)としたが、鈴木さんとのコラボも、まさに一期一会の実践から生まれた。

 鈴木さんは平成13年に延岡市であった市民参加ミュージカル「ウズメ2001」で主役ウズメを演じた。現在は、神話や伝説を基に自作した曲を歌う活動をしている。昨年7月に宮崎市で山浦さんが鈴木さんの夫と知り合い、今回のコンサートに発展したという。

 鈴木さんは、日本神話「ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの物語」や民話「須木ままこ滝伝説」などを語りを交えながら劇的に歌った。「ニニギノミコト−」は、日本神話を描くフランス人画家マークエステルさんの絵本を基にした作品で今回が初披露。伸びやかで力強い声が会場いっぱいに響き渡った。

 書作展は17日まで。いずれもこの展示会のために書いた。柏凰さんの妻で山浦さんの現在の師、井上峰雪さん(宮崎市在住)の書(1点)も展示している。会員の出品者は甲斐祥景さん、新名秀瑛さん、古田勝柏さん、渡部史峰さん。

その他の記事/過去の記事
page-top