【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デイリー健康大学日向会場(下)歯のメンテナンスの重要性

本紙掲載日:2016-06-07
3面
参加者からの質問に答える前田秀延副院長

たかはし歯科医院・前田秀延副院長

◆口は消化器官の一部−症状なくても定期検診を

 ここからは、歯の喪失原因で一番多い歯周病について詳しく説明します。

 歯周病になると、歯と歯肉の隙間に歯周ポケットという溝ができ、そこに複数の細菌の共同体であるバイオフィルムが形成されます。放っておくと、歯肉の炎症は拡大し、歯槽骨の溶解と歯の喪失につながっていきます。

 歯周病は、古くから歯肉や歯を支える組織の疾患と言われてきましたが、ここ20年の研究で、歯周病は細菌による感染症であることが明らかになっています。

 その一方で、肥満や糖尿病などの全身疾患と歯周病の関わりも次々に解明されており、歯周病は生活習慣病でもあると言われています。

 口は消化器官の一部として身体全体とつながっているため、口腔(こうくう)内で発症した病気が全身に、また、全身の病気や状態が歯や歯周組織に影響するなど、歯周病と全身疾患、全身状態とは双方向に関連し、影響する可能性が高いと言えます。

 全身状態を改善することが、歯周病の改善につながる例としては、糖尿病の治療や禁煙が挙げられます。

 一方、歯周病になることで全身の健康状態を悪化させる例としては、糖尿病、心血管系疾患、呼吸器疾患、分娩(ぶんべん)=早産・低体重児出産=などが挙げられます。

 歯周病を予防するには、歯科医院で定期的に行うプロケアと、自分で毎日行うセルフケアが必要ですが、基本はブラッシングによるプラークコントロール(歯こうを除去)です。

 歯科医院での精密検査により原因を把握し、解決していけば、健康は取り戻せます。ただし、治療を終えたら、そこで終わりではありません。そこからがスタートです。

 歯のメンテナンスの重要性とは、今ある状態を把握して、少しでも長く自分の歯でかめるように維持していくことにあります。何も症状がなくても必ず定期検診を受け、歯磨き指導などを受けながら、自分の歯を保ち、よくかんで健康長寿を目指しましょう。

【プロフィル】
福岡歯科大学卒業後、福岡県内の歯科医院に勤務し、平成26年から、たかはし歯科医院(門川町門川尾末)に勤務している。歯科スタディーグループSJCD所属。福岡県北九州市出身。39歳。趣味はサーフィン。

その他の記事/過去の記事
page-top