【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「歴史変える」夏へ持ち越し−延岡星雲

本紙掲載日:2016-06-06
9面
【準決勝・延岡星雲―都城工】7回、二死二、三塁から中前打で二走をタッチアウトにする延岡星雲・河野

第63回県高校野球選手権大会・球音

 延岡星雲の森純雄監督は「精神的な弱さも見えたが、投手2人を中心に守りは良かった。やりようにやっては勝てると分かり、大きな自信になった」。六回まで無失点と力投した田野は「星雲史上最高の決勝を目指したが。いい試合をしても勝たないと」。上で戦うことで、夏への手応えと課題を得た。

 左横手の津島が延岡学園、宮崎工と強打の2校を連続完封。衝撃的な内容で、11年春の県予選以来の準決勝進出を果たした。

 星雲初の決勝を目指す試合の先発は田野。「(津島に)負けていられないと初回から全力でいった」。一、二回のピンチを切り抜けると、三から五回は三者凡退。緩急自在に相手打線にスイングをさせなかった。

 雨が降り続く中だったが、野手も堅実な守り。七回は1点を許したが、中堅手斉藤一真が本塁補殺を記録する場面もあった。

 監督、選手ともに課題に挙げたのは打撃。相手の好守に阻まれる場面もあったが、5番捕手の河野は「長打はない打線。つないで1点ずつ取れるよう、一人ひとりが自主練習から振っていくだけ」。

 田野は「きょうは歴史を変える気持ちで臨んだが、勝負所の強さで相手が上だった。夏に歴史を変えるために、常に緊張感を持った練習をしていきたい」。1年時にベンチで経験した夏8強の上を見据えた。


◆チームに勢いを−森(2年生の1番三塁手。2安打)

 「チームに勢いをと思って、予選からいい打撃ができて良かった。夏は3年生と一緒に戦う最後の大会。1番で思い切りよく、チームを引っ張っていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top