【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

お寺で祈祷とライブ−延岡

本紙掲載日:2016-06-06
6面
台雲寺の本堂で演奏する小鳥楽団。中央が濱田さん

台雲寺が交流企画−厳粛と楽しさ両方

 延岡市北小路の曹洞宗萬歳山台雲寺(中本光勇住職)は5日、大般若祈祷(きとう)法要を行った。「お寺をもっと身近に感じてもらいたい」と、法要後に本堂で音楽ライブを開催。境内では雑貨や野菜を販売する「プチ門前市」があり、一般を含め多くの人が訪れた。

 大般若祈祷法要は、釈迦(しゃか)の教えの集大成である大般若経600巻を1巻ずつ大きく開いて風を入れながら、今年一年の天下太平、五穀豊穣(ほうじょう)、健康などを祈願するもの。同寺では毎年6月の第1日曜日に行っている。中本住職を導師に、市内外の曹洞宗の僧侶10人で行った。

 祈祷後のライブは3年前から始めた。今年は、昨年も出演した濱田詩朗さん(「耳が恋した」パーソナリティー)に長谷川洋さん・愛さん夫妻の加わった「小鳥楽団」が、フォーク、ポップス、演歌など幅広いジャンルの曲を演奏。訪れた人たちは、厳粛な祈祷と、楽しいライブの両方の雰囲気を楽しんだ。

 中本光暁副住職は「今後もこのような地域との交流企画を定期的に行いたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top