【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

今年も天然林ツアーを実施

本紙掲載日:2016-06-06
6面
「第8回県支部会のつどい」であいさつする鶴永支部長

日本熊森協会県支部つどい−延岡

 日本熊森協会宮崎県支部(鶴永貴史支部長、140人)はこのほど、延岡市桜小路の川中コミュニティセンターで第8回県支部会のつどい(総会)を開いた。

 鶴永支部長(延岡市北浦町三川内)は、小学生の頃に本気でカッパを探そうとした思い出を話して「今は地方の生活も自然から離れてきている。子どもたちのためにも、自然の恩恵を理解し、自然と向き合って生活する世の中に変えていきたい」とあいさつ。

 今年度の活動は、昨年に引き続き「ボランティア間伐」に力を入れる、昨年度大好評だった「天然林ツアーin藤河内(大分県佐伯市)」を7月に行うことなどを決めた。

 間伐がされていないため光が入らず真っ暗な人工林と、間伐をすることで光が入り、下草も生えるようになった健康な人工林の写真を見比べて、間伐の大切さを再認識した。天然林は長期にわたる自然淘汰(とうた)で健康さが保たれている。

 総会後は、北海道知床の厳しい自然と向き合って暮らす一家の1年を追ったドキュメンタリー映画「大草原の少女みゆきちゃん」の上映会を行い、一般を含め70人が鑑賞した。

 日本熊森協会は「大型動物のすむ森からしか豊かな水は生まれない」と考え、クマをシンボルに、全国で奥山を保護する活動を展開している。

その他の記事/過去の記事
page-top