【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

三ない運動+1」を実践

本紙掲載日:2016-06-04
2面
大会宣言を読み上げる延岡警察署少年補導職員の甲斐万葉さん

延岡地区暴力団等追放事業所等協議会総会

 延岡地区暴力団等追放事業所等協議会(会長首藤正治延岡市長、会員247事業所)の平成28年度総会は5月31日、同市カルチャープラザのべおかで、会員事業所の代表者ら約120人が出席して行われた。住みよい地域づくりのために「暴力団を利用しない」「金を出さない」「恐れない」に「暴力団と交際しない」を加えた「暴力団追放三ない運動+(プラス)1」を実践する大会宣言を採択した。

 首藤市長は、「われわれの周りには特殊詐欺があふれています。延岡でも被害が出ており、それが暴力団などに流れている。協議会の活動を通じて、『追放する』という意識を共有し、住みよい社会をつくるために官民一体となって取り組みたい」とあいさつ。

 同会顧問の中川正純延岡警察署長は「暴力団は実態を隠し、表向きは企業を装い資金獲得活動を活発化させています。暴力団同士が抗争状態にありますが、警察としては市民が巻き添えにならないよう取り組みを強化しています。社会全体が暴力団と対決する姿勢を示し、『三ない運動+1』の継続が不可欠。付け入る隙を与えないことが大事です」。

 県暴力追放センターの甲斐康弘専務理事は「センターへの暴力団に関係する相談は昨年330件でした。この2年間で年50件ずつほど増えています。困ったことがありましたら、相談してください」と呼び掛けた。

 また、県警本部組織犯罪対策課の岩田憲正課長が、暴力団の現状と不法要求への対処法などについて講話した。

 議事では平成27年度の事業報告と決算、新年度の事業計画と予算案、会則の一部改正案を審議し、承認された。また一部役員の人事があり、工藤英文さん(北方総合支所長)と米田安壮さん(北川総合支所長)が副会長に就任したほか、理事5人と顧問2人が新たに就任した。この日就任した役員は次の通り。

▽副会長
工藤英文(北方総合支所長)米田安壮(北川総合支所長)

▽理事
永出明(延岡市三北商工会会長)山田圭吾(延岡地区旅館業組合長)林田浩行(延岡ライオンズクラブ会長)佐藤信博(延岡ロータリークラブ会長)野々下博司(市市民環境部長)

▽顧問
中川正純(延岡警察署長)児玉俊宏(同署刑事官)


延岡地区暴力団等追放事業所等協議会の平成28年度総会
その他の記事/過去の記事
page-top