【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

10年後の売り上げ倍増へ

本紙掲載日:2016-06-04
1面
延岡市工業振興ビジョン推進コンダクターの委嘱を受けた水永氏

新工業ビジョンを策定−延岡市

 延岡市はこのほど、第3次工業振興ビジョンを策定した。工業界が進むべき筋道や将来のあるべき姿などを示す指針で、「10年後の売上倍増を目指して」のスローガンの下、製造業を基点とした地域産業全体の活性化を見据えた計画などを盛り込む。計画期間はおおむね10年間。

 スローガン「10年後の売上倍増」の実現に向け、企業は「挑み続ける」(新事業への挑戦など)▽「聖域なき持続的改善」(組織改革など)▽「多彩な人財が輝く」(人材の確保・育成など)の成長トライアングルに取り組み、相乗効果を生むビジョンを推進。市は「多彩な企業と人財が挑戦し、成長し続けるまち」をビジョンとし、動きを支援する。

 また、企業が取り組むビジョンを構成する3要素に関連する「新事業開拓・販路開拓」(挑み続ける)、「事業構造改革・企業体質強化」(聖域なき持続的改善)、「人財の確保・人財の育成」(多彩な人財が輝く)を戦略の柱とし、それぞれの戦略内容に沿って最上位の取り組みとなる〃重点テーマ〃や関連する項目など複数のアクションプランを掲げる。

 新規事業開拓・販路開拓は「延岡版新規開拓促進プラットホームの形成」、事業構造改革・企業体質強化は「さらなる成長に向けた生産性向上に関する官民協働での取り組みの推進」、人財の確保・人財の育成は「地域の産業を担う人財の確保・育成に包括的に取り組む組織の設置検討」を重点テーマに取り組む。

 新ビジョンの実効性を高めるための推進体制として、全体の取り組みの進捗(しんちょく)状況の確認・評価などを行うビジョン推進委員会を置くほか、全体の推進や指導・助言などを行う工業振興ビジョン推進コンダクターを市長が委嘱する。

 このほか、戦略の柱の推進や進捗管理などを目的に延岡市が主体となる各推進委員会や、個別アクションプランの推進などを目的に県工業会県北地区部会が主体となる各分科会なども設置する。

 新ビジョン策定については、旧ビジョンの平成27年度満了に伴い、延岡市が昨年8月に同市商工業振興審議会(清本英男会長)に諮問。審議会は延べ3回の審議会と8回のワーキング会議を開くなどして原案を策定、今年3月に首藤正治市長に答申していた。

◆「懸命に下支えしたい」−コンダクターに水永正憲氏

 延岡市は工業振興ビジョン全体の取り組み推進を統括する推進コンダクターを新設。3日、県キャリア教育支援センタートータルコーディネーターの水永正憲さん(67)を委嘱した。

 推進コンダクターは非常勤特別職。スローガンの具現化に向け、三つの戦略の柱や各種アクションプランなど全体の取り組みを戦略的・効率的に推進、施策について専門的な見地から助言・提言を行う。

 委嘱式があり、首藤正治市長は「これまでの計画の流れ、いま必要な重要なことやポイントを理解いただいており最適任。工業振興にいい成果を出すため、いい指揮者にタクトを振ってもらえることになった」と期待した。

 水永氏は「ビジョンの具現化を担う主役である地元企業の経営者が、主体的に何か新しいことに挑戦していけるような取り組みを下支えできたら。10年後に売り上げ倍増することは大変だが、延岡の新しい発展につながるよう努めたい」と抱負を語った。

その他の記事/過去の記事
page-top