【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

連載−「禁煙外来」の現況ゼ鼻咽喉科医師・小池祐一

本紙掲載日:2016-06-03
3面
小池祐一医師

5月31日世界禁煙デー(6月6日まで禁煙週間)

◆意志の問題ではない−ニコチン依存症は疾病

 禁煙治療に過去に失敗した喫煙者で、再挑戦した40症例を治療したが、その禁煙成功率は75%であった。特にバレニクリン症例では88%と高い数値を示した。「一度失敗しても、何度でも挑戦してみましょう」といったちょっとした言葉掛けは、患者にとっては一つの光を見いだしたようで、大きな励みになったようだ。患者は禁煙という大きな成果を挙げ得たことに喜びを感じ、禁煙再挑戦の意味をかみしめていた。

 たばこがアンデスの昔から、人間と共にあり、かつては、医薬品として重宝された時代もあった。近年では芸術や映画文芸音楽などの世界でもいろいろな社会貢献をなし、「たばこ文化」を築いてきた歴史も見逃せない。ゆっくりとした流れの中で、時を待ちたいものである。

◇喫煙依存症は〃難病〃

 今後の課題として、禁煙を推進していく場合、重要なことは、.縫灰船鶲預絃匹藁派な一つの疾病であること病気ならば治療が必要であることしかも、難病である(禁煙がなかなか難しい)ことを、まず、十分に患者に理解させ、自覚してもらうことである。チームを組んだ医療支援体制の構築が必要であり、患者の気持ちを理解し、共に禁煙に向かい合う態度が重要である。

 「禁煙外来」における専任看護師の役割も極めて大きいことを強調しておきたい。「禁煙外来」を受診する患者は、何としてもたばこをやめたいとの強い一念である。それにきっちりと応えてこそ「禁煙外来」の存在意義がある。

◇おわりに

 「禁煙外来」の現況とバレニクリン治療371症例の成績について報告した。禁煙成功率は64%であった。これは満足ゆく数値ではなく、禁煙がいかに難しいものであるのかを実感した。今後、成功率の向上には医療者のさらなる努力が求められる。ニコチン依存症患者に対する十分な理解と、温かい支援こそが最重要課題であると確信した。

 最近、特に私が気に留めていることは、未成年者や女性(妊婦や乳幼児を持つ女性)の喫煙問題である。こうした人々は、喫煙による健康被害をより受けやすく、また、受動喫煙の影響も無視できない。

 少しでも多くの家庭からたばこをなくし、クリーンな環境のもと、健康な生活を送ってもらいたい。

 喫煙か、禁煙かの問題は、いろいろの意見はあるが、いわゆる愛煙家と嫌煙家とがお互いを尊重し合いながら、穏やかで、対立のない健康な社会が築かれることを願いたいものである=おわり=。

(延岡市、小池耳鼻咽喉科医院院長、平成25年11月30日延岡医学会総会発表論文を手直ししました)

その他の記事/過去の記事
page-top