【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「最悪」覆した意地と信頼−延岡学園

本紙掲載日:2016-06-02
9面
【決勝リーグ・延岡学園―小林】最終ピリオド、榎田が3ポイントを決め54―51と逆転する
残り3秒。ジャンプシュートを決める水谷

第43回県高校総合体育大会・ハイライト−バスケ男子

 ミスが続く「最悪の試合」をひっくり返したのは、エースの「意地」と「信頼」だった。主将の榎田拓真は「ばかばかしい内容だったが、最後は日ごろ努力した分の結果が付いてきてくれた」と胸をなで下ろした。

 日本一を目指すチームに例年、立ちふさがる壁。伝統校小林が、留学生も擁する延学に勝つことを願う会場の雰囲気。榎田はそれに「のまれ、負けた」と認めた。

 序盤からこのレベルでは珍しいほど、ダブルドリブルやトラベリングなどのミスの判定が下される。

 会場は小林への大声援。榎田は若干の焦りも感じつつ、「(アウェーは)いつものこと。ディフェンスで我慢することが大事」。上のレベルで全国の強豪と一進一退に戦った経験を生かし、大きなリードは許さない。

 だが後半に入り、榎田が不安を抱える左膝に痛みが走る。交代も打診されたが、「自分のも、チームのもミスを取り返す時、支える人がいなくなる」。延学の〃主将〃〃エース〃の意地でコートは譲らない。

 38―47で迎えた最終ピリオド。榎田が3ポイントを3本。追い付き、「僕たちを延学でバスケをさせてくれている」という保護者や仲間がいる応援席へ人さし指を向けた。

 残り22秒で55―55。ベンチの指示はもちろんエースで勝負。ここで相手を振り切った榎田は残り10秒を差す時計を目に留めた。「まだ早い。打てば相手に攻撃の時間が残る」。冷静にパスを選ぶ。

 受け取った水谷槙之介はそれまで無得点。「最悪の試合をしてしまった。それでもこの5人を信用して、ミスをしても代えないでくれた」。川添裕司監督の信頼に応える場面を待っていた。

 そして、榎田からパスと信頼を受け取る。残り3秒。ほぼ正面、中距離からジャンプシュートを沈め、夏の日本一への挑戦権を紙一重で勝ち取った。

 水谷は「メンバー外の部員や、応援してくれる人のために決められて良かった。この試合をした悔しさをバネに、先生からの信頼感を自信にしていきたい」。榎田は「全国で結果を出すのが延学。冬の日本一のためにも最低でも4強に入る」。苦戦を胸に刻みつけ、上を見た。

その他の記事/過去の記事
page-top