【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

27年度本県移住202世帯

本紙掲載日:2016-06-02
1面

4年間1000世帯に弾み−相談体制充実など奏功

 県は1日、平成27年度の本県への移住が前年度比約3・2倍の202世帯に上ったと明らかにした。県総合計画「アクションプラン」(27〜30年度)で4年間1000世帯を掲げており、初年度としては上々の実績となった。県庁であった県中山間地域対策推進本部(本部長・河野知事)会議で報告した。

 移住の地域別内訳は県央が最も多い84世帯、県南43世帯、県西28世帯、県北23世帯と続いた。不明は24世帯。このうち、中山間地域に位置付ける18市町村へは87世帯だった。

 地方創生に取り組む中、移住・定住対策の推進は最重要課題の一つ。県は昨年4月、宮崎市と東京にワンストップ対応の「宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター」を開設。移住相談は前年度と比べ5倍近い497件、就職相談も340件が寄せられた。

 仕事と暮らし情報が一覧できるようリニューアルした移住情報サイトへは、約1・6倍の3万5295件のアクセスがあった。東京での10回の移住セミナーには延べ104組、東京、大阪、福岡での移住相談会には同98組が参加。11月には官民挙げての県移住・UIJターン促進協議会を発足させ、機運醸成や情報発信にも努める。

 市町村が行うお試し滞在なども支援する。諸塚村では生活体験や移住準備のため、最長4カ月間滞在可能な住まいを提供。宿泊料や村までの往復交通費、村内での車移動経費の一部を助成し、今年1〜5月まで6組が利用した。

 永山英也総合政策部長は「非常にいい数字。一連の取り組みで希望者の情報が的確に県と市町村に入るようになり、把握できる移住者が増えたことが要因。市町村ともしっかり連携しながら、もっともっと実績を上げたい」と見据えた。

その他の記事/過去の記事
page-top