【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新庁舎、10月完成へ−延岡市、工期を延長

本紙掲載日:2016-05-31
1面
建設が進む延岡市役所新庁舎

低層棟−基礎くい工期延び

 延岡市は5月30日、新庁舎建設工事の工期を延長することを明らかにした。2期建築主体工事(2階建て低層棟)は従来、今夏に完成予定だったが、基礎くい工事に時間を要したことなどから、外構工事を含め10月27日とした。工期延長に伴う工事請負契約金額を変更する議決事項の一部変更議案を、来月6日開会の市議会に提出する。

 市新庁舎建設室によると、完成予定は当初、低層棟が7月29日、外構工事が8月31日を見込んでいた。しかし、試験堀りで岩盤が想定より深いことが判明し基礎くい工事の工期が延びた。また、熟練の鉄筋工や型枠工の不足なども影響、工事の進捗(しんちょく)状況や品質確保を考慮し、工期の延長を決めた。

 議案によると、2期建築主体工事の金額15億137万8千円を15億635万4千円、空調設備工事の金額7億4803万3千円を7億4869万8千円、給排水衛生設備工事の金額1億6317万円を1億6354万7千円に増額、電気設備工事の金額7億8360万8千円を7億8303万2千円に減額する。

 電気設備工事金額のみが減額となっている理由については、「物価の上昇分ということで金額を一端引き上げた分と、2期工事の中で1期工事で施工している部分などを是正して減額した分があるなど、経費の増額分と減額分を相殺したため」としている。

 新庁舎建設工事は平成25年5月に1期建築主体工事(8階建て高層棟)に着手し、昨年2月に完成。2期建築主体工事(2階建て低層棟)は、旧庁舎本館の解体と埋蔵文化財調査の後、昨年9月から地盤改良工事、基礎くい工事などを経て、現在、建物の全体像が浮かんできている。

 完成した低層棟には、高齢福祉課やこども保健課、障がい福祉課、保健センターのほか市民スペースや講堂、レストランなど設置される計画。グランドオープン式典の日取りなどについては、改めて検討する。首藤市長は「工期延長に伴う業務への支障はない」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top