【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県鳥獣被害対策推進計画見直し

本紙掲載日:2016-05-27
1面
鳥獣被害対策緊急プロジェクト推進計画の見直しを承認した特命チーム会議

利活用促進項目を追加

◆10、11月の推進期間明記も

 県は、総合的な鳥獣被害対策を盛り込んだ緊急プロジェクト推進計画を見直した。継続的な取り組みとするために「緊急」の文言を外し、新たな重点推進事項に捕獲鳥獣の利活用促進対策を盛り込んだ。10、11月を被害対策推進期間とすることも明記した。県庁であったプロジェクト総括の特命チーム会議(チーム長・稲用博美副知事、18人)で承認した。

 全庁挙げたプロジェクトは平成22年度に始動し、「集落住民だけで鳥獣被害から守れる集落づくり」がキーワード。島根県美郷町に住む鳥獣被害対策研究の第一人者、井上雅央さんを同対策支援センター顧問に迎え、餌場の撤去や徹底的な追い払いに努める。適切な捕獲、シイタケなどを守る効果的な侵入防止ネット設置にも力を入れる。

 25年度の1回目改定を挟み、この間にモデル集落は県北20を含む37に増え、適切な被害防止知識の普及などを担う鳥獣被害対策マイスター、集落対策を先導する地域リーダーも着実に育つ。シカの推定生息数も21年度の約14万3千頭から26年度は約11万5千頭に減少した。

 6年間の成果を踏まえた2回目の見直しでは、捕獲鳥獣の利活用促進対策を重点推進事項に追加。16日発足の「みやざきジビエ普及拡大推進協議会」を核に、需要状況・ニーズの把握調査や衛生管理の向上、生産・流通体制の確立などに当たる。

 被害対策の普及・啓発活動も強化。10〜11月を推進期間と定め、県民向けの講演会やジビエ料理の普及イベントなどを集中的に実施する。捕獲体制の整備では、県内での繁殖や生息域の拡大が懸念されているアライグマの生息調査も加えた。

 井上顧問はジビエの利活用促進に関連し、「消費者にまた買いたいと思ってもらうためには、上質の肉を提供し続けることが大事。この視点を忘れることなく取り組んでほしい」とアドバイスした。

その他の記事/過去の記事
page-top