【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

消えた山頂のササユリ−延岡の行縢山

本紙掲載日:2016-05-27
3面
昨年5月19日に撮影された行縢山山頂に咲くササユリ(読者提供)

盗掘?登山者、心痛める

 延岡市の行縢山(831メートル)山頂に、毎年咲いていたササユリ数株が今年は無くなっていると、5月19日に登山した同市内の70代男性が気が付き、「盗掘されたのでは」と憤っている。

 男性は10年以上も行縢山登山を楽しんでいる。昨年5月19日に山頂の崖に咲くササユリを撮影=写真=。今年も楽しみにして同じ日に登ったが、ササユリは跡形もなく消えていたという。

 「毎年この季節になると淡いピンクの花を咲かせていました。山頂にたどり着いた人たちを和ませてくれる存在だったのに」

 麓にあるむかばき青少年自然の家の森田司副所長も、男性の言う場所にあったササユリを毎年、確認していた。「ササユリは花を付けるまでに4年近くかかる。長い年月を経て咲くもので、毎年楽しみに登る人もいたのに残念」と話す。

 山の動植物を観察している森田副所長によると、行縢山では、手の届くところに自生していたササユリが毎年少なくなっていると指摘。行縢山の岩の裂け目に根を張っているササユリを持ち帰ったとしても、環境の違う住宅で育たないのではと話す。

 ササユリは、県北の森林や岩場に広く自生していたが、現在では県の希少動植物毅体爐忙慊蠅気譴討い襪曚鼻⊂なくなった。

 男性は「延岡市内を一望できる山頂にあったからこそ愛されていたのに、根こそぎ持って行かれ、自分だけで楽しんでいるかと思うと、本当に腹立たしい。こうやってお伝えすることで、盗掘への警鐘になれば」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top