【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

永久歯の抜糸原因−6割超が虫歯

本紙掲載日:2016-05-25
3面

27年度県調査−歯磨き、定期検診呼び掛け

 県が平成27年度実施した永久歯の抜歯原因調査で、6割超を虫歯が占め、うち7割近くが小さい頃の治療痕が悪化したことによることが分かった。抜歯のピークは60〜70歳代で、平成10年度調査と比べて約10年遅かった。県は調査結果を踏まえ、今後とも歯磨きや定期検診の大切さを県民に呼び掛けていく方針。

 健康増進課によると、県内531の歯科医療施設を対象に、昨年9月28日から2週間の抜歯状況を郵送で尋ね、431施設(81・2%)から回答を得た。

 抜歯総数3258本中、虫歯によるものは2099本の64・4%に上り、17年前調査の55・3%から9・1ポイント上昇。このうち、66・7%に当たる1401本は小さい頃の虫歯が治療を繰り返すうちに悪化し、最終的に抜かざるを得なくなったものだった。

 虫歯による抜歯割合を年代別にみると、10代までは約2割にとどまるが、20歳代では約8割に急増し、以降も高水準で推移する。

 歯周病による抜歯は899本(27・6%)。30歳代から徐々に増加し、60歳代では32・2%と最も高かった。

 一方、抜歯数の年代別内訳は60〜69歳が最多の852本(26・2%)。70〜79歳が803本(24・6%)で続き、双方で全体の約5割。前回調査ではピークは50〜60歳代だったが約10歳遅くなり、早期治療につながる定期検診の受診率アップが功を奏したことがうかがえる。

 同課は「他県では歯周病による抜歯割合が増える傾向にあるが、本県は逆で依然として虫歯が多い。小さい頃からの歯磨きや、半年または年1回の定期検診の重要性を今後とも粘り強く啓発していきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top