【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

児童が交通ルール実習−延岡

本紙掲載日:2016-05-25
2面
横断歩道の渡り方を実習する児童

延陵自動車学校−南方小で出前講座

 延岡市松山町の延陵自動車学校(白田欣也校長)による出前の交通安全教室が5月21日、同市南方小学校(衣笠高広校長、701人)であり、児童は模擬の道路や自転車シミュレーターで基本的な交通ルールを実習した。
 
 全校児童が運動場と体育館に分かれ、運動場では道路の渡り方を学習した。自動車学校の職員が教習車と自転車を同じ速度で走らせ、同時にブレーキを掛けると、停止位置は自転車の方が遠くなることを実演。自転車も急には止まれないとして、横断前には周囲に十分注意するよう呼び掛けた。

 また、物陰から飛び出した子どもが車にはねられる場面をダミーを使って再現して、運転者の死角を確認。その後、地面に白線で描いた模擬の道路に教習車を走らせながら、児童が横断歩道の渡り方を実習した。

 体育館には、モニターに映し出される空間を実際に走行しているような体験ができる自転車シミュレーターを設置。児童は装置のペダルやハンドル、ブレーキを操作し、安全確認を怠れば、物陰から出てくる人や急に開く駐車車両のドアにぶつかったり、後方から来る車に衝突されるなどの危険があることを学んだ。

 参加した池田琉偉君(5年)は「ダミーが車にはねられるのを見て怖かった。普段から左右を見たり止まれの標識を守っているけど、これからもちゃんと確認して横断歩道を渡りたい」と話した。

 延陵自動車学校は子どもを事故から守ろうと、教習コースや出張での交通安全教室を継続しており、今後もわかあゆ支援学校や緑ケ丘小などを対象に実施を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top