【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本地震の被災地を支援

本紙掲載日:2016-05-24
2面
Tシャツを手にTAプロジェクトへの協力を呼び掛ける松井さん

Tシャツできる−TAプロジェクト

 延岡市旭ケ丘のスポーツ団体代表松井聖明さん(40)=MiyazakiDreamFes.実行委員長=が手にしているのは、熊本地震の被災地でさまざまな支援活動をしている「TAプロジェクト九州魂KUMAMOTOAID」(吉田信一=のぶくに=代表)のTシャツ。ロゴの意味は「たくさんの愛と思いやりでできた日の丸!」。アーティストの浜崎あゆみさんがデザインした。宮崎県内でも購入して、同プロジェクトを応援できる。

 活動は、救援物資の購入・輸送・マッチング、医療サポート、炊き出し、高齢者や障害者の自宅の片付けと掃除の手伝いなど。吉田代表は福岡市「ももち浜クリニック」の内科医師として、タレントやアスリートのメディカルサポートをしており、浜崎さんやGLAYのTERUさんら多くの著名人が同プロジェクトに参加している。

 松井さんは、子どもたちのためにプロ選手を招いてスポーツ教室を開催する活動をしている縁などから、吉田医師やサッカー日本代表の齋藤学選手(横浜F・マリノス)らと親交があり、同プロジェクトに参加。これまでに何度も延岡−熊本を往復し、齋藤選手から届いた救援物資や、知人に呼び掛けて集めた救援物資を被災者に届ける活動や炊き出しを行ってきた。

 「テレビで見る有名な人が来ると子どもたちが笑顔になり、子どもを見て大人も笑顔になる。子どもたちの笑顔が一番ですね。また、多くの人から救援物資をたくさん預かり、現地の必要とする人たちに直接手渡すことができて感謝しています」と松井さん。

 吉田医師は「民間だからこそ必要な所にいち早く必要な物、医療、食事を届け、細やかなケアができる。被災地はずいぶん落ち着いてきたが、まだまだ救援が必要です」と話す。

 Tシャツは黒地と白地の2種類がある。サイズはS、M、L、XL(いずれもメンズサイズ)。缶バッジ付きで税込み2500円。松井さんの仲介により、飲食店の「神田川グループ」(延岡市塩浜町の本店、新食亭出北店、ヘルストピア店と門川店)で購入できる。

 また、県内の同グループ全店とCafe桃李(延岡市安賀多町)に募金箱を設置している。これらのお金は、救援物資や医薬品の購入費、炊き出しなどの費用として被災者のために役立てられる。

 また、TAプロジェクトの「救援物資のマッチングサイト」では、随時変化する「足りているもの、足りていないもの」の情報を収集・発信中。

その他の記事/過去の記事
page-top