【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

タイの観光客、県北満喫

本紙掲載日:2016-05-21
3面
食事を楽しむ観光客
餅つきを体験。右は瑠璃さん
川坂神楽保存会の神楽を鑑賞

延岡出身・瑠璃さんが案内

◆延岡では海の幸、民泊も

 タイ国で活躍している延岡出身のシンガー・ソングライター山口瑠璃子(瑠璃RURI)さんと巡る九州ツアーが5月18〜22日の日程であり、タイ人観光客9人が九州5県の旅行を楽しんだ。本県には19日に入り、高千穂町と延岡市で民泊などを通して市民の生活に触れた。

 昨年度、「ビジット・ジャパン地方連携事業」として九州運輸局や、みやざき観光コンベンション協会などが連携して延岡観光大使である山口さんをナビゲーターにした旅番組をタイで放送した。番組は反響があり、瑠璃さんの協力のもとJTBタイランド主催で今回のツアーが企画された。

 今回のツアーには、当初約30人が申し込んでいたが、熊本地震の影響でキャンセルが相次いだ。ツアーは実施が危ぶまれ、参加を決めた9人の強い要望もあり、決行が決まったという。

 宮崎県に入った一行は、高千穂峡で流しそうめんを楽しむなどした。午後からは延岡市北川町川坂区(廣瀬和男区長)で川坂神楽保存会による神楽の奉納を見学。川坂母子健康センターでは地域の人たちと餅つきで交流した。

 夕食では、日豊海岸エリアで進められている「岩ガキまつり」にちなみ、須美江町で養殖された1個700グラムの巨大岩ガキや野菜のてんぷら、空揚げなど、地元の主婦の手料理に舌鼓を打った。

 宿泊は、地元の協力による民泊。各家庭で交流し一般家庭の生活に触れた。

 タイでは、タイの人気俳優が出演したドラマのロケ地が佐賀県だったことや旅番組などの影響で、日本でも九州が特に人気という。

 案内した瑠璃さんも「延岡のように海山川の三つがそろっている場所はそんなにありません。観光客の中には都会などではなく、田舎の自然や人との触れ合いを求めている人が多い」「延岡の自然、人の温かさやおもてなしは魅力的でこれからも宮崎、延岡をPRしていきたい」と話した。

 初めて延岡を訪れたというポーさん(24)は「正直、民泊は居心地が悪そうで不安でしたが、北川町の人たちと交流して感動している。温かく迎えてくれて、本当に来てよかった」と喜んでいた。

 一行を出迎えた延岡観光協会の谷平興二会長は「一般の暮らしに溶け込むという旅行の形も今後主流になってくると思う。今回は瑠璃さんと川坂の人たちのおかげで成功したが、今後も民泊という形が進んでいけば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top