【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3期連続増収も減益−旭有機材決算

本紙掲載日:2016-05-17
3面

管材部門(延岡)は好調

 旭有機材(本社・東京、延岡、藤原孝二社長)は16日、平成28年3月期(27年4月〜28年3月)の連結決算を発表した。連結対象は14社。売上高は415億4700万円(前年同期比1・7%増)で3期連続の増収。本業のもうけを示す営業利益は15億9100万円(同33%増)。しかし下期以降円高に傾いたことから為替差損が膨らみ、経常利益は同13・5%減の15億2500万円、純利益は同19・5%減の9億2600万円だった。

 国内での大型工事物件が売上増に貢献した。期末配当金は1株当たり3円で、中間配当と合わせた年間配当金は6円。

 今年度も、国内では東京オリンピックに向けた都市部での投資や設備メンテナンス需要などが期待されるとして、来年3月期の目標を売上高430億円(3・5%増)、営業利益16億円(0・6%増)、経常利益17億円(11・5%増)、純利益11億円(18・7%)と掲げた。

 原田徳房・管材システム事業部次長は「円高、中国の景気減速など不透明な部分もあるが、『ARS(アサヒ・ライジング・サン)2020』と名付けた新中期計画の初年度でもあり、収益力向上に向けたあらゆる施策で増収増益を目指す」と話した。

 事業別の業績は次の通り。

【管材システム事業】
売上高237億5000万円(前年同期比9・3%増)、営業利益19億6100万円(同65・1%増)。国内の設備投資が堅調で、バルブや工事案件を中心に売り上げが伸びた。ダイマトリックス製品は国内、台湾で採用が増加し、売り上げが伸びた。円安効果やコスト削減で利益も増加した。

【樹脂事業】
売上高126億8600万円(同7%減)、営業損失5億2000万円(前年同期の営業損失は2億8400万円)。主力の素形材用途向け製品は、国内では自動車向け主要顧客で一部好調だったものの、全体的には生産が低調で売り上げが伸び悩んだ。海外では中国国内の販売が低調。機能樹脂製品は断熱材用途向けが好調。電子材料用途、工業用向け樹脂製品は売上減。利益面では、原油安の影響で原材料価格が下落したが、売り上げ減少の影響を補えなかった。

【水処理・資源開発事業】
売上高51億1000万円(同6・5%減)、営業利益8600万円(同68・8%減)。水処理事業は、公共工事における受注案件の小型化で売上減。メンテナンス・維持管理事業は堅調。利益面では、地熱用掘削機材の設備投資を行ったことなどから前期を大きく下回った。

その他の記事/過去の記事
page-top