【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

連載−高千穂郷・椎葉山地域−未来へつなぐ農業遺産(6)

本紙掲載日:2016-05-17
1面
集落の隅々にまで張り巡らされた道路網が諸塚村の産業を支えている

村づくりは人づくり−「林業立村」旗印にけん引

◆諸塚村自治公民館

 広葉樹と針葉樹を組み合わせた人工林、村内の隅々まで張り巡らせた道路網による循環型の林業経営などが農業遺産として評価された諸塚村。

 こうした産業基盤が村内全域に確立された原点は、古くから「林業立村」を旗印に人材育成を重視してきた自治公民館制度にある。

 諸塚村は、「村づくりは人づくりから」との考えに立ち、昭和21年から満20歳の男子と満18歳の女子が10日間泊まり込みで社会教育を受ける独自の「成人祭」を開催。その取り組みは、現在の成人式のモデルになったと言われている。

 戦後、国の公民館制度が始まり、村は延岡内藤藩の統治時代から培われた青年団(当時は若連中)を中心に、産業振興の実践活動を主体とした自治公民館づくりを目指す。

 だが、占領下にあった当時は戦前組織の解体が命じられており、進駐軍が許可しなかった。そこで、村内に各部会(壮年、婦人、青年)が結成されたことにして県とともに直接交渉した結果、認められたという歴史がある。

 その後、区長制度を取らず、自主性の高い16自治公民館、合議体の中央公民館がけん引役となる村行政を現在まで継続。西川健村長は「各公民館が産業振興から福祉、人づくり、神楽などの行事ごとまであらゆる面を担っており、自治公民館がなければ村はなくなる」と断言する。

 この諸塚方式の象徴と言えるのが「土地村外移動防止要綱」だ。昭和30年代に入ると村外者による林地買収が目立つようになり、造林や路網整備に支障が出るとの懸念が浮上。自治公民館の働きかけで、村独自の要綱が策定された。

 「土地を売る場合はまずは身内、次に公民館に相談し、どうしてもまとまらない場合は村が購入する」というルールで、行き届いた森林管理体制を守り続けている。

 一方、自治公民館の礎を築いた第18、19代村長の藤井長治郎氏は、冊子「諸塚村の社会教育と公民館活動」の中で「今までのやり方に固着しているだけでは時代に取り残されてしまう」と指摘。

 「自他共に発展する郷土を目指し、村を一つの〃生命体〃とする認識に立ちながら、共通の目標に向かって総合的活動を強力に推進しなければならない」と提言している。

 西川村長も「山なくして村はない。基幹産業を守りながら、高冷地園芸品種の栽培や6次産業にも地道に挑戦し、所得の道筋を付けていく」と述べ、時代に対応した世界農業遺産の継承を目指している。

その他の記事/過去の記事
page-top