【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世代超え楽しいひととき−県立延岡高校同窓会

本紙掲載日:2016-05-16
8面
全国から650人が集った第62回園遊会
今年も元気な声を響かせた「延中数え唄を歌い継ぐ会」
校歌を斉唱する延岡高の卒業生
母校にエールを送った応援団OB
あちこちで集まって記念撮影
拍手の中、花輪体操のステージに向かう延岡高女卒業生

第62回園遊会に650人

 県立延岡高校同窓会(飯干喬啓会長)の総会と懇親会「第62回園遊会」が15日、延岡市古城町の同校体育館であった。「集まる、無二の友、繋(つな)いだ、六二の会」のテーマの下、旧制延岡中、延岡高等女学校、新制恒富高校、岡富高校、延岡高校の卒業生約650人が世代を超えて集まり、楽しいひとときを過ごした。

◆無二の友、母校に集う

 今年の実行委員は、延岡高51回生(平成11年卒業)。70人近い仲間が全国から駆け付け、先輩たちをもてなした。

 実行委員は、今年36歳になる卒業生が代々担当する。創立117年の伝統校というだけでなく、同窓会自体に伝統があるため、担当年の卒業生には大きなプレッシャーがかかるが、それを乗り越える過程で絆が深まる。

 開会式で本田高英実行委員長は、「1年前に引き継いだ時は本当につらかった」と明かして会場を笑わせつつ仲間に感謝した。昨年の実行委員会からは、熊本地震で被災し来場できなかった岩切裕顕実行委員長(熊本市在住)に代わって、副実行委員長だった日吉浩二さんが「実行委員として一緒に活動した仲間が、被災した自分を励ましてくれた。出会いに感謝。支えてくれたことに感謝」と、岩切さんの言葉を伝えた。

 来賓の段正一郎校長は母校の現況を報告。同高の今春の国公立大学進学率が県内で1位(64%)だったことと、県教委が行った校風と教育方針に関する満足度アンケートでも1位だったことを紹介し卒業生を喜ばせた。また、今年度中に第2校舎にエレベーターを設置し、同校舎の2階と体育館の入り口をつなげる計画があるという。体育館までの階段の上り下りが大変だった高齢の卒業生も出席がしやすくなりそうだ。

 佐藤純二・東京延友会会長(延岡高17回生)の音頭で乾杯。旧制延岡中の卒業生を中心とする「延中数え唄を歌い継ぐ会」が今年も元気な声を聞かせ、延岡高22回生でつくる合唱団「22(ニーニー)Boys&Girls」がきれいなハーモニーを披露した。

 延岡高等女学校の卒業生はフラダンスや花輪体操で会場を華やがせ、応援団(昭和43年〜平成3年)のOB(鴨林秀則代表)が「フレー、フレー、ノ・ベ・タ・カ」と力強く母校を応援した。

 東京在住の会社員興梠年男さん(60)=延岡高26回生=は、前日に開かれた還暦記念同窓会への出席を兼ねて8年ぶりに園遊会に出席。応援団OBでもあり、高校卒業以来42年ぶりに学生服を着てステージに上がった。「きのう2時間練習した時には足腰が痛くなり、こりゃ大丈夫かなと思った。緊張もしたが、学生服を着ると、当時に帰るね。そういえば体育館ができた最初の年の文化祭に応援団で出演した」と、懐かしそうに話していた。

 総会では、長年役員を務めた人に感謝状を送った。次の通り。

前宮崎支部長=西村篤乃(恒富高8回卒)▽前常任理事=小嶋凌衛(同10回)染矢恵理子(延岡高24回)河野裕一(同26回)重黒木章雄(同29回)木村健作(同43回)

その他の記事/過去の記事
page-top