【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

野鳥愛護校に宮水小(日之影町)

本紙掲載日:2016-05-14
2面
野鳥愛護校の表彰状と助成金を受け取った児童と後列左が渡部会長、右は戸盥残

自然環境活用し学習活動実践−県猟友会

 県猟友会(渡部昂一会長)は13日、今年度の野鳥愛護校に選んだ日之影町宮水小学校(戸眞G傾残后■牽郷諭砲鯢従瓦靴拭

 野鳥愛護校の選定は、「愛鳥週間」(毎年5月10〜16日)に合わせた取り組み。昭和49年に自然保護憲章制定国民会議が定めた「自然保護憲章」に基づき、同会が県内の教育事務所や各市町村教育委員会から野鳥愛護活動を実践している小学校の推薦を受け、表彰、助成金を贈っている。今年度は同校と、都城市梅北小学校を選んだ。

 宮水校では、豊かな自然環境を活用した学習活動を実践。毎年、3年生が野鳥の観察などを楽しむ森林セラピーウオーキングを実施しているのをはじめ、5年生も学校近くの実習田でアイガモ農法による米作りに挑戦している。

 この日は、同校校長室で表彰式があり、渡部会長が児童代表の佐保京さん(11)=6年=に表彰状、甲斐心土君(11)=同=に助成金3万円を贈呈し、「これからも自然を大切に、野鳥をかわいがってください」と言葉を掛けた。

 これに応え、甲斐君が「学校の周りに豊かな自然があって野鳥も遊びに来る。これからも自然の生物を大切にしていきます」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top