【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

HUMAN(ひと)−自腹でライブの日向市職員

本紙掲載日:2016-05-14
3面
21日に入場無料のお笑いライブを開く林田慎吾さん

異彩を放つアマチュア芸人・林田慎吾さん

◆漫才、物まね、漫談、ダンス…

 日向市職員でありながら、アマチュア芸人歴12年という、異彩を放つ42歳。

 小さい頃から人を笑わせるのが大好きだった。給食の時間、クラスメートに牛乳を吹き出させることはたびたび。当時、ローラースケートで一世を風靡(ふうび)していた男性アイドルグループ・光GENJIには目もくれず「何がいいんだろう」と首をひねる、そういう少年だったという。

 富島中、日向高時代はラグビーに打ち込み、30歳まで地元の社会人チームに所属。そんなある日、それまで〃飲み会止まり〃だった自分のお笑いを「試してみたい」と思い立つ。

 「安心感はあるけど笑いの才能は全くない」という無二の親友、佐々木元啓さん(延岡市)と漫才コンビを結成し、2004年2月に初めて自主企画ライブを開いた。以来これまで5回、入場は無料。広告宣伝費、施設使用費などの費用は全て自腹を切って続けている。

 その理由を「社会に対する挑戦」と位置付ける。社会にはびこるお金に絡んだグレーゾーンへの嫌悪感から「僕だったらこう使う」と、お金の価値を証明したいのだという。

 ただ、来てもらった人には純粋に笑いを楽しんでほしいと願う。「『明日を生きる元気をもらった』と感じてもらえたら、それだけで十分なので」

 漫才だけでなく物まね、漫談、ダンスと幅広くこなす。日向市財光寺在住。

◇21日、入場無料のライブ

 1年半ぶりとなる自主企画ライブを21日に開く。日向市文化交流センター小ホールで午後7時から。入場無料。「僕の焦っている姿など、生でしか見られないお笑いを楽しんでほしい」

 今回は先月発生した熊本地震の被災地支援のため、会場に募金箱を設置する。「一人の百歩より百人の一歩。被災地への思いや、今だから感じている大切な人との絆みたいなものを、みんなで確認できたら」と話している。

 出演は林田さん、佐々木さん、節賀恵子さん(延岡市・ダンス)、柱大黒さん(門川町・落語)ら。

その他の記事/過去の記事
page-top