【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本地震で4億円補正−県

本紙掲載日:2016-05-13
1面

橋、落石危険箇所を緊急点検

◆観光客誘致、宿泊旅行支援も

 県議会は13日午前、臨時会を開き、熊本地震対策に伴う総額4億3122万円の本年度一般会計補正予算案を可決した。震度5弱以上を観測した県北地域の災害危険箇所の緊急点検や、宿泊キャンセル数が6万人超発生している県内のホテル・旅館の誘客対策、被災地・被災者支援に充てる。

 緊急点検事業費は2億4000万円を計上。県北18路線に架かる417の橋や、落石などの恐れのある8路線70カ所ののり面をチェックする。県内観光誘客対策は1億794万円。旅行会社と連携した夏休み向けの宿泊割引実施や、旅行会社が行う本県への宿泊を組み入れた団体旅行企画を支援する。

 本県への避難者支援では、高齢者や障害者ら要配慮者とその介護者に県内ホテル・旅館を無償提供する経費に635万円(40人×約3週間=約840泊分)。熊本県からの要請に基づき、県内ホテル・旅館への支払い経費を本県が立て替える。

 被災地支援は7693万円。阿蘇市を中心に罹災(りさい)証明関連業務などに従事する職員派遣費5186万円、災害派遣精神医療チーム(DPAT)派遣費1622万円、西臼杵支庁内に官民協働の被災地支援事務所を開設し、ボランティアニーズの把握などに当たる経費268万円、熊本県への見舞金300万円など。

 この結果、可決後の本年度一般会計予算の総額は5825億322万円となった。

その他の記事/過去の記事
page-top