【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

営業利益−3期連続最高益

本紙掲載日:2016-05-12
1面

旭化成28年3月期、売上高は1兆9409億円−6期ぶり減

◆くいの影響は29年3月期に

 旭化成(本社・東京、小堀秀毅社長)は11日、平成28年3月期(27年4月〜28年3月)の連結決算を発表した。連結対象はグループ205社。売上高は1兆9409億円(前年度比2・3%減)、営業利益は1652億円(同4・6%増)、経常利益は1614億円(同3・1%減)、純利益は918億円(同13・2%減)。原油・ナフサ安に伴い、アクリロニトリルを主とする石油化学製品の市況が悪化したため、6期ぶりの減収となったが、住宅やクリティカルケア(救命救急医療)事業が好調、原燃料価格の低下などで営業利益は3期連続最高益を更新した。

 住宅事業は、完成した住宅の引き渡しが増えたが、子会社の旭化成建材(東京)のくい打ちデータ流用問題で昨年秋以降、広告を自粛したため、新規受注額は落ちており、今期(29年3月期)業績に影響する見込み。

 税引き後の純利益には、久光製薬との貼り薬の共同販売契約終了に伴う損失(53億円)、くい打ち関連の調査費(15億円)など特別損失が響いた。
期末配当金は前年同期と同じ1株当たり10円。中間配当と合わせた年間配当金は20円で、前年より1円増配。純利益に対する配当性向は30・4%で「5年間累計で30%」の目標を達成した。

 今期は「円高の進行、原油市場の乱高下、消費税再引き上げの見直しなど不透明感が強い」として「減収減益」を予想。くいデータ流用に関する補償費用などは「現時点で合理的に見積もるのは困難」と織り込まなかった。

 片山俊之・延岡支社延岡総務部長は「残念ながら減収減益の予想だが、新中期経営計画の初年度でもあり、さまざまな施策を着実に行い、将来の成長の足固めの年にしたい」と話した。

 事業別業績は次の通り。

【ケミカル】
売上高7035億円(1208億円減)、営業利益553億円(11億円増)

【繊維】
売上高1321億円(17億円増)、営業利益137億円(32億円増)

【住宅】
売上高5830億円(312億円増)、営業利益654億円(62億円増)

【建材】
売上高494億円(26億円減)、営業利益58億円(18億円増)

【エレクトロニクス】
売上高1745億円(241億円増)、営業利益69億円(74億円減=ポリポア社買収に伴う費用を含む)

【医薬・医療】
売上高1449億円(16億円減)、営業利益243億円(24億円減)

【クリティカルケア】
売上高1405億円(299億円増)、営業利益119億円(78億円増)

その他の記事/過去の記事
page-top