【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−会員を増やして活動の幅広げたい

本紙掲載日:2016-05-12
3面

延岡地区SAP会議新役員

 「今年は会員をさらに増やして活動の幅を広げたい」と話すのは、延岡市内の若手農業後継者で作る延岡地区SAP会議の今年度役員。

 市内の24歳から37歳までの男女12人で構成。月1回の定例会ほか、農作業を通じた市民との交流活動、市内イベントへの出展などに取り組む。

 地区長に再任された矢野光一さん(32)=同市北川町川内名、シキミ栽培=は「会員の増員が一番の課題。昨年は9人でスタートし、現在は12人まで増えました。園児のシイタケの駒打ち体験などを計画しており、会員ができる範囲で食育活動も考えていきたい」と意欲的に話した。

 副地区長に再任された高橋宙暉=みちてる=さん(24)=同市吉野町、水稲・大麦栽培農家=は「地区長をしっかりとサポートできるように頑張りたい」、新たに副地区長に就任した渡辺良平さん(25)=同市北浦町三川内、肉用牛繁殖農家=は「昨年入会したばかりなので、一年を通じて活動し勉強していきたい」、事務局長の小西律子さん(35)=同町古江、北方町の田口ファミリー果樹園勤務=は「SAPを知らない消費者の皆さんの目に触れる活動をしたい」とそれぞれ意気込みを語った。任期は1年間。

 写真は前列右から、矢野地区長、高橋副地区長。後列右から、渡辺副地区長、小西事務局長。

その他の記事/過去の記事
page-top