【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害対応機能を強化

本紙掲載日:2016-05-12
3面
5年ぶりの更新で災害対応機能を強化した県警本部の通信指令システム

県警・通信指令システム更新

 県警は、110番通報を受ける「通信指令システム」を更新した。南海トラフ地震に備え、被災情報の集約やリアルタイムの映像送信など災害対応機能を強化。通信指令室内の中央モニターを大型化し、より多くの情報が表示可能となった。

 県警本部内の通信指令室で県内全域からの110番通報に24時間体制で対応。年間約7万件の通報を受け、県内13署やパトカーに指令を出している。システムは5年ごとに更新し、今回は3月1日から運用開始している。

 今回の更新は大規模災害発生時に通報や現場からの情報などを集約し、要救護者の情報を地図上に表示。エリアごとに被災状況を分析することが可能になった。本部への通信が不通となった場合でも、110番通報が最寄りの警察署につながるよう改善した。

 パトカーに搭載しているカーロケーターシステムを160台まで増設。タブレット端末を採用することで持ち運び可能となり、内蔵カメラで映像をリアルタイムに本部へ送信し、事故や事件、災害現場の情報を正確に得ることができる。災害時には警察署端末としても活用する。

 本部で使う地図情報にも、3D表示可能な山岳データ、津波浸水域を表示できるハザードマップなどを追加した。中央モニターも縦3メートル、横8メートルに大型化。画面を24分割でき、多彩な情報を一度に表示できる。

 市園芳隆通信指令課長は「災害発生直後の情報収集は警察の仕事。県民の命と安全を守るように役立てたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top